明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

中尾 茂夫

noimage.png 中尾 茂夫 教授

プロフィール

学位:経済学博士

最終学歴:京都大学大学院経済学研究科後期博士課程

専門分野:国際経済、グローバリゼーション、金融のグローバル化

主要研究テーマ:アメリカ資本主義論、日本型金融システム

主要担当科目

世界経済論、アメリカ経済論、国際通貨関係論

主要な研究業績

著書 単著
『ジャパンマネーの内幕』岩波書店 (第32回エコノミスト賞) 1991.10
著書 単著
『FRB-ドルの守護神』PHP新書 2000.12
著書 単著
『トライアングル資本主義』東洋経済新報社 2006.9
著書 単著
『円は沈むのか?』春秋社 2009.12
著書 単著
『米ドルの内幕』左右社 2011.4

ゼミナール紹介

演習のテーマ

情報(金融市場&労働市場)の識別力

演習の内容

 一昔前とは大変貌を遂げつつある金融市場と労働市場に関する最近の論説を読み合わせなが ら、議論します(著作はこちらで指定)。流動化する経済状況のなか、金融市場(メガバンクや 地銀や証券会社から、資本市場や先物市場までを含む)と労働市場を中心に、その変貌の実際を フォローします。まずは、今までのゼミの履歴を教え、これまでのゼミ生の実績を、情報として 共有してください。中尾ゼミで「情報通」になって、逞しく、社会に出て行ってほしいというの が、教育目標です。
 そのためには、経済社会で流布する情報を知ることです。内容によっては、テキストの書籍以 外に、「日本版ニューズウィーク」「週刊東洋経済」等のビジネス誌の購入を指示します。連絡は、 すべてメールです。唯一の約束として、無断欠席は除籍とします。書籍や雑誌の購入費として年 間1万円程度の支出は覚悟して下さい。わたしの研究実績については、ネットの検索エンジンで、 お調べください。概要が分かります。
 「勉強を通じて情報通になる」、という目標に対して、「そうだ!」と考える、やる気のある学 生を求めます。偏差値至上主義者、大学はレジャーランド、あるいは大学はアルバイトの暇なと きだけで十分、と考える学生はお断りします。学生にとっては、たかが週1回のゼミだと思うか もしれませんが、卒業後までを考えれば、意外に重要なものです。したがって、熟考して決める ことを勧めます。わたしも、真剣に選抜します。この演習内容の説明に共感を覚えた学生の積極 的応募を期待します。

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ