明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

中尾 茂夫

noimage.png 中尾 茂夫 教授

プロフィール

学位:経済学博士

最終学歴:京都大学大学院経済学研究科後期博士課程

専門分野:国際経済、グローバリゼーション、金融のグローバル化

主要研究テーマ:アメリカ資本主義論、日本型金融システム

主要担当科目

世界経済論、アメリカ経済論、国際通貨関係論

主要な研究業績

著書 単著
『ジャパンマネーの内幕』岩波書店 (第32回エコノミスト賞) 1991.10
著書 単著
『FRB-ドルの守護神』PHP新書 2000.12
著書 単著
『トライアングル資本主義』東洋経済新報社 2006.9
著書 単著
『円は沈むのか?』春秋社 2009.12
著書 単著
『米ドルの内幕』左右社 2011.4

ゼミナール紹介

演習のテーマ

Globalization 下におけるヒト・カネ・情報

演習の内容

 日本経済はグローバル化することによって、いかなる変容を遂げているのかを知るために、関連するビジネス書を読む。巷間、格差、雇用不安、老後不安、下流中年、若年ホームレスといった暗い世相を象徴する語彙が躍る一方、欧米ブランドの日本店が旺盛な消費需要を目当てに銀座や有楽町に軒を並べる(グッチ資本主義とも言う)。一方、正社員限定だとはいえ「終身」雇用や新卒至上主義といった日本的慣行も健在だ。今や日本の代表的メーカーの大手自動車生産の7割~8割は海外生産だが、これを多国籍化というべきか空洞化というべきか。
 世を挙げて、グローバル人材推進の大合唱だが、日本に住む普通のローカルな日本人はどうすべきか。移民反対の声が強いが、少子高齢化で人口は減り、生産性は落ち、企業倒産こそ少ないものの廃業は多い。国の借金は1,000兆円を超え、日銀のマイナス金利政策が功を奏するという話も聞かない。福島原発の犠牲者救済が定まらないなかの原発再稼働は不安だ。国際戦略特区という名の現代版出島構想は有効か。総じて2020年の東京オリンピックまではどうにか景気が維持されそうだが、不透明感は否めない。
 かくも混迷を深める世の中でいかに生きるべきか。「いい会社」を目指しても将来は見えず、全国に点在する小ぶりの寺小屋風道場の門を叩く入門希望者が絶えないと聞く。ゼミの狙いは、周囲の顔色を窺うことなく、ゼミで議論した情報力を咀嚼でき、自立した人間への成長を目指すこと。このメッセージに共感する学生の応募を期待したい。
 無断欠席厳禁というルールを破ったときは除籍。恒例の合宿、企業訪問、卒業旅行は相談して決めたい。メールでのゼミ連絡(資料の送信を含む)は頻繁。情報の読み方を学ぶため、書籍代金支出(年間1万円ほど)を厭わないこと。

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ