明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

13年度学生によるゼミ紹介:高橋青天ゼミナール

takahashi_semi_13.jpg

a.人員構成

11人

b.何をどのように勉強しているのか

高橋ゼミでは「ベーシック計量経済学」 著 羽森茂之 を使い教科書の内容に沿って勉強をしています。先生の説明やゼミ生の発表形式ですすめられています。経済の知識だけでなく数学の知識も必要ですが、春休み中の予備ゼミや授業以外の集中講義で高橋先生自ら教えていただけます。ゼミ以外にも斎藤先生の計量経済学という授業を履修しそこでゼミと並行して計量経済を学んでいます。この他にも高橋先生の予測と時系列、斎藤先生の応用計量経済を履修し、パソコンでEviewsというソフトを使い学んだ理論を実践しています。まだ6月なので基礎を学んでいるだけですが、今までの授業と違いやる気と努力を求められています。

c.先生の特徴

普段はとても温厚で気さくな先生ですが、発表の準備がおろそかだったりしますと厳しく突っ込みをいれてきます。ゼミ生のことを考え、就職活動が有利になるようなスキルを身につけようと熱心な指導をしていただいています。

d.ゼミの雰囲気

私たち3年生は和気藹々と楽しい雰囲気でいます。4つも同じ授業を履修するため、かかわる時間も多くなり自然と仲良くなりました。6月の時点で大学や家によんで二度も誕生日会をしました。夏にはゼミ合宿を行う予定になっており楽しみです。もちろん勉強第一です!

e.将来の夢や先輩の就職先、強い業界、OB会など

銀行や金融系に強いです。高橋先生が営業だけにはならないように!と強くおっしゃられ統計分析を使う業種に強いです。

f.ゼミのHPへのリンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~haru

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ