明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

齋藤 隆志

齋藤 隆志 准教授 齋藤 隆志 准教授

プロフィール

学位:京都大学博士(経済学)

最終学歴:京都大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学

専門分野:労働経済学、企業経済学

主要研究テーマ:企業内人事制度の経済分析

主な社会的活動:
社団法人国際経済労働研究所共同研究員
独立行政法人 経済産業研究所「企業統治分析のフロンティア:リステイクと企業統治」研究会委員
厚生労働省 労働経済分析研究会委員
株式会社 パーソル総合研究所 アドバイザリーボードメンバー

ゼミナールのHP:齋藤隆志ゼミホームページ

主要担当科目

労働経済論、入門計量経済学

所属学会・役職

日本経済学会、日本応用経済学会、九州経済学会

主要な研究業績

学術論文 共著
「何が成果主義賃金制度の導入を決めるか」、宮島英昭編著『日本の企業統治』、2011年
著書 共著
『スポーツの世界は学歴社会』PHP新書、2012年
学術論文 共著
"Business Integration and Corporate Performance under the Pure Holding Company System in Japan",Japanese Research in Business History,vol.29,pp.55-76,2013年
著書 共著
"Does Educational Background Affect Performance and Second Careers of Athletes? Empirical Analysis of Japanese Professional Baseball Players",Y.H.Lee and R.Fort(eds.) The Sports Business in The Pacific Rim,Springer,pp.253-276,2014年
学術論文 単著
「企業内賃金格差が労働者の満足度・企業業績に与える影響」、『日本労働研究雑誌』NO.670,pp60-74,2016年

ゼミナール紹介

演習のテーマ

労働経済学

演習の内容

 「労働経済学」で扱うテーマは様々で、失業、格差、教育・訓練、女性の進出、家事分担、人事制度、長時間労働、従業員のやる気、外国人労働などおよそ「働くこと」に関することなら何でもありです。
 3年生の秋学期に他大学との合同ゼミを実施します。4~5人のグループを作り、それぞれ上記に挙げたようなテーマの中から興味のあるものを選択し、計量経済学を用いた分析を中心とする研究報告をしてもらいます。その準備として、まずは2年生の秋学期(プレゼミ)では新書をいくつか読んで、経済学的な思考法を身に付けます。そして3年生の春学期と夏休みを使って、各グループで研究プロジェクトを進めます。具体的には、まず選択したテーマに関する文献(研究書、論文)を読み、それを手本として自分たちでデータを収集し、計量分析を行います。
 このほか、毎週1~2名の担当者が日本経済新聞から労働に関する記事を紹介したり、サブゼミで SPI 対策等を行ったりしています。さらに毎月何らかのイベントがあり、中でも夏合宿は大いに盛り上がります。ゼミとしての活動が非常に多いので、一人一つ係を担当することになり、サークル・部活・アルバイトと両立させながら忙しい日々を送ります。

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ