明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

髙橋 青天

noimage.png 髙橋 青天 教授

プロフィール

学位:Ph. D.

最終学歴:米国ロチェスター大学大学院卒業

専門分野:経済成長理論、公共経済学

主要研究テーマ:新古典派多部門最適成長モデルによる構造変化の研究、地方財政に関する実証分析

教員個人のHP:HARUTAKA TAKAHASHI HOMEPAGE

主要担当科目

公共経済学、入門計量経済学、ゼミナール

所属学会・役職

日本財政学会、日本経済学会、アメリカ経済学会

主要な研究業績

教科書 共著
『EViewsによるデータ分析入門』(東京図書)、 2013年
教科書 共著
『Eviewsで学ぶ実証分析の方法』(日本評論社)、2013年
学術論文 共著
" Does the Capital Intensity Matter? Evidence from the Postwar Japanese Economy and Other OECD Countries" Macroeconomic Dynamics Vol.16 (Supplement 1)、 2012年
学術論文 単著
" Optimal Balanced Growth in a General Multi-sector Endogenous Growth Model with Constant Returns," Economic Theory Vol.37, #1、2008年
学術論文 共著
" Endogenous Fluctuations in Two-sector models:Role of Preferences," Joumal of Optimization Theory and Application, Vol.128, #2、2006年

ゼミナール紹介

演習のテーマ

データ・サイエンティストへの道(データ・アナリティックスの研究)

演習の内容

 データ・サイエンティストとして必要な分析方法を学び、4年次では、3年次に学んだ分析を使って、ウェブ上のビッグデータの分析を行います。
 1.フリー統計ソフトRの基礎
 2.データアナリティックスの基礎
 3.統計知識の復習(回帰分析を中心として)
 4.機械学習と人工知能(デープラーニング)
 5.アソシエーション分析
 6.クラスター分析
 7.決定木分析
 8.経路探索
 9.協調フィルタリング
 10.H2Oを使ったディープラーニングの実践

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ