明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

高崎 仁良

noimage.png 高崎 仁良 教授

プロフィール

専門分野:ミクロ経済学、産業組織論、厚生経済学

主要研究テーマ:寡占産業の効率化、異種産業間の合併

主要担当科目

産業組織論、厚生経済学、ゼミナール

所属学会・役職

数理経済学会

主要な研究業績

著書 単著
「ミクロ経済学と時事問題」春風社 2013年3月
学術論文 単著
「Public Schemes for Efficiency in Oligopolistic Markets」『経済研究』(明治学院大学) 第155号2018年1月
学術論文 単著
「On the Continuity of Convex Correspondences」『経済研究』(明治学院大学) 第148号2014年7月
研究ノート 単著
「ミクロ経済学から見た最近の時事問題」『経済研究』(明治学院大学) 第133・134合併号2005年12月
研究ノート 単著
「Szpilrajnの定理と選好関係」『経済研究』(明治学院大学) 第147号2014年1月

ゼミナール紹介

演習のテーマ

産業組織論・厚生経済学

演習の内容

 産業組織論の基礎となるのはミクロ経済学とゲーム論です。ミクロ経済学とゲーム論の入門書を1冊ずつ参考書として用います。教科書に相当するものは私高崎の手作り教材です。これは長年の蓄積と改良によりかなりの量になりますが、すべてをこなすことにはこだわりません。随時適切な個所を私が解説し、その後皆さんにひとりずつ演習問題を解いてもらいます。ときどき「懸賞問題」と称して、やや難しい問題やかなり難しい問題も提示しますが、挑戦は自由です。正解者に与える「懸賞金」はポイントとしてたまり成績評価に反映させます。難しい問題ほど懸賞金は高くなります。おもしろいですよ。

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ