明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

手塚 奈々子

noimage.png 手塚 奈々子 教授

プロフィール

学位:神学博士

最終学歴:立教大学大学院文学研究科組織神学専攻
博士後期課程修了

専門分野:中世神学及びイタリアのキリスト教文化

主要研究テーマ:パドヴァのアントニオの神学思想、フランチェスコ会の霊性

主な社会的活動:キリスト者(カトリック麹町教会所属)
在世フランシスコ会員・奉献者

主要担当科目

キリスト教の基礎、宗教史、西洋文化史

所属学会・役職

日本カトリック神学会、中世哲学会、新翻訳事業『聖書標準訳』編集委員

主要な研究業績

学術論文 単著
" La ri-creazione dell'uomo in Cristo nel pensiero di sant'Antonio di Padova " Il Santo XLV,Centro Studi Antoniani(Padova,Italia,2005)
学術論文 共著
「パドヴァの聖アントニオの生涯と神学思想」 (坂口昴吉、前川昇、福田誠二/東京フランシスカン研究所編集・監修『フランシスカン研究2 フランシスコ会学派〈上〉―フランシスコからベーコン―』所収、聖母の騎士社、2007年)
学術論文 単著
「聖人崇敬及び聖遺物崇敬 -2010年聖アントニオの遺体公開に参加して- 」 (『紀要』第43号, 明治学院大学キリスト教研究所, 2010年)
学術論文 単著
「パドヴァの聖アントニオの説教における祈りと回心」 (明治学院大学キリスト教研究所編『境界を超えるキリスト教』教文館, 2013年)
翻訳 単著
パドヴァのアントニオの『主日・祝日説教集』より多数和訳 (『明治学院論叢』他)

ゼミナール紹介

演習のテーマ

イタリアのキリスト教文化

演習の内容

 イタリアにはキリスト教が染み入っており、キリスト教で文化が形成されている。ゼミでは、キリスト教が築き上げてきた文化(思想、芸術、生活習慣等)を通してイタリア文化を学ぶ。学生が西洋の土台を築いたキリスト教文化を学びながら、その魅力を味わう喜びを持つことを目的とする。また、学生が、ゼミ発表の仕方、ゼミレポートの書き方を身につけることを目的とする。
 ゼミの進行については、以下の通りに行う予定である。文献(授業時に指示)を一緒に読み、学生は各自分担された箇所を発表する。なお毎回自分が当たっていない箇所も読んできて各自意見を述べる。評価は、出席回数、発表、毎回の各自の意見、学期末レポートで評価する。

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ