明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

池尾 恭一

noimage.png 池尾 恭一 教授

プロフィール

学位:商学修士(慶應義塾大学)、商学博士(慶應義塾大学)

最終学歴:慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学

専門分野:マーケティング、消費者行動

主要研究テーマ:
マーケティング・イノベーション
ネット環境のもとでのマーケティング
ホスピタリティ・マーケティング
新興国でのマーケティング
機能価値を超えた消費者行動
ブランド・マネジメント

主な社会的活動:
東京ブランドのあり方検討会 座長
東京都ブランド推進会議 座長
文部科学省 高度専門職業人養成機能 強化促進委託事業推進委員会委員
内閣府 クールジャパン人材育成検討会 構成員
文部科学省 中央教育審議会大学分科会大学院 部会臨時委員
小樽商科大学グローカル戦略推進センター アドバイザリーボード委員
東燃ゼネラル石油株式会社 社外監査役
『マーケティング・ジャーナル』誌 編集委員長
日本学術会議 経営学分野の参照基準検討分科会委員
日本印刷産業連合会 印刷産業 将来展望検討委員会 委員長
日本経済新聞社 日経電子版広告賞 審査委員 など

教員個人のHP:池尾恭一公式ウェブサイト

主要担当科目

マーケティング、消費者行動、ゼミナール

所属学会・役職

日本商業学会(会長2011-2015)、日本消費者行動研究学会(会長1998-1999)

主要な研究業績

著書 単著
『入門・マーケティング戦略』、有斐閣、2016年
著書 単著
『マーケティング・ケーススタディ』、碩学舎、2015年
著書 単著
『モダン・マーケティング・リテラシー』、生産性出版、2011年
著書 単著
『日本型マーケティングの革新』、有斐閣、1999年
著書 単著
『消費者行動とマーケティング戦略』、千倉書房、1991年

ゼミナール紹介

演習のテーマ

消費者行動とマーケティング戦略

演習の内容

 今日、わが国企業を取り巻く環境は、世界経済における日本経済の立ち位置の変化、消費者行動の変化、従来型競争力の行き詰まり、情報通信技術の発展やグローバリゼーションの進展など、多くの面で、大きく変化しています。そのなかで、どのような製品を販売するか、価格をいくらにするか、どのような広告を行うかなどを内容とするマーケティング戦略は、大きな転機を迎えています。本ゼミナールにおいて取り扱うテーマには、メーカーやサービス業のこうしたマーケティング戦略の検討、あるいはその基礎となる消費者の行動や顧客の行動の理解、さらには小売業態や電子商取引といった流通問題の分析などが含まれます。具体的には、現在わが国で起こりつつある環境変化を踏まえながら、個々の製品・サービス分野における顧客の行動や競争業者の行動を理解し、マーケティング戦略やそれを支える仕組みを検討していく予定です。

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ