明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

北浦 貴士

noimage.png 北浦 貴士 准教授

プロフィール

学位:博士(経済学)

最終学歴:東京大学大学院経済学研究科博士課程

専門分野:経営史、経済史

主要研究テーマ:日本の資本市場と企業統治

主要担当科目

経営史、ゼミナール

所属学会・役職

経営史学会(評議員兼JRBH委員)、社会経済史学会、政治経済学・経済史学会(研究委員 兼 事務局委員)、日本会計史学会、日本会計研究学会、企業家研究フォーラム、日本公認会計士協会(公認会計士)

主要な研究業績

著書 単著
『企業統治と会計行動:電力会社における利害調整メカニズムの歴史的展開』東京大学出版会、2014年(企業家研究フォーラム賞受賞、2015年度)(政治経済学・経済史学会賞受賞、2015年度)(日本会計史学会賞受賞、2015年度)。
学術論文 単著
「両大戦間期日本の電力外債と外債発行電力会社の減価償却行動」『歴史と経済』第216号、2012年。
学術論文 単著
"Effect of World Bank Loan Financial Covenants on Private Japanese Electric Power Companies (1953 to 1961)" The Papers and Proceedings of Economics No.151, The Society of Economics,Meiji Gakuin University,2016.
学術論文 単著
"The dividend policies and depreciation approaches of Japanese companies in the 1930s" Japanese Research in Business History Vol.33, Business History Society of Japan, 2017.
学術論文 単著
"The Growth of the Japanese Electric Power Industry and the World Bank's Request to Increase Depreciation Costs between 1951 and 1973" Essays in Economic & Business History,The Economic & Business History Society, forthcoming.

ゼミナール紹介

演習のテーマ

日本企業の経営分析

演習の内容

 このゼミのスローガンは、「楽しく、しっかり勉強しよう」です。特定の日本企業を各自1社担当し、その経営を多様な観点から分析していきます。3年次終了までにゼミ論文(1万字程度)を執筆します。なお、2017年度に取り上げた日本企業を末尾に記載しますので、ご参考にしてください。
 ゼミ教員の特徴は、笑顔とのんびりとした性格です!(特に笑っていなくとも、笑っていると言われます。)なので、ゼミものんびりとした、ストレスのない雰囲気です。でも、笑顔でどんどん課題を出すので、注意してください!!また、学習目的、親睦目的で、ゼミ合宿に代表される様々なイベントを予定しています。では、できるだけ多くのみなさんと一緒に勉強できるのを楽しみにしています。

(2017年度に取り上げた日本企業)
 タリーズコーヒー・ドトールコーヒー・すかいらーく・サイゼリヤ・花王・資生堂・コーセー・ライオン・サッポロビール・キリンビール・アサヒビール

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ