明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

大澤 篤

noimage.png 大澤 篤 助教

プロフィール

学位:修士(京都大学・経済学)

最終学歴:東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学

専門分野:日本経営史・日本経済史・アジア経済史

主要研究テーマ:日本帝国の膨張と企業成長

主な社会的活動:阿波根昌鴻資料調査会、立川市史編集委員

主要担当科目

経済学概論1・2 , ワークショップⅠなど

所属学会・役職

政治経済学経済史学会・台湾史研究会

主要な研究業績

学術論文 単著
「両大戦間期日本の砂糖市場構造と黒糖」
 『東洋文化』88巻、東京大学東洋文化研究所、2008年、173-208頁
学術論文 単著
「日本における精製糖生産の展開と日本帝国」
 (堀和生編『東アジア資本主義論Ⅱ』ミネルヴァ書房、2008年所収)
学術論文 単著
「製菓産業の展開と中堅企業の位置」
 (加瀬和俊編『戦前日本の食品産業-1920~30年代を中心に-』
 東京大学社会科学研究所研究シリーズNo.32、2009年所収)
学術論文 単著
「家計消費行動と調味料需給」
 (加瀬和俊編『戦間期日本の家計消費-世帯の対応とその限界-』
 東京大学社会科学研究所研究シリーズNo.57、2015年所収)
学術論文 単著
「領台初期におけるサトウキビの品種改良」
 『経済論叢』191巻第1号、京都大学経済学会、2017年、173-208頁

ゼミナール紹介

演習のテーマ

企業成長の歴史分析

演習の内容

 本演習では、参加者の " 自由意思 " によって特定企業を選択してもらい、その企業の歴史に関する研究論文(400字詰め原稿用紙50枚程度)を1年かけて作成してもらいます。その狙いは、参加者が「大学では○○を勉強しました」と、就職活動の際に自信をもってアピールできるようになることにあります。
 春学期は、必要とされる基本的スキルを経験したうえで、各自が分析対象となる企業を選び、個人研究報告を行うと同時に、インゼミに向けた準備(グループワーク)を行います。秋学期はインゼミ終了後に3~4週間に1回程度のペースで個人研究報告を行い、年明けには論文を仕上げます。なお個人研究報告の際には、各自の研究報告に対して、参加者による質疑応答・討論も行われます。加えて学術論文(経営史・経済史)の輪読も適宜実施されます。
 欠席をした場合のペナルティー(理由を問わず)のほかに、特段の理由なき遅刻が半期3回以上となった場合には単位取得は困難となる罰則があります。そのほか、他者に対する非礼、ゼミの進行に支障をきたす行為(報告担当時の欠席・遅刻など)が散見された場合は、以後の出席を禁止することがあるので注意してください。

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ