明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

佐藤 成紀

noimage.png 佐藤 成紀 教授

プロフィール

学位:経済学修士

最終学歴:東京大学大学院経済学研究科博士課程

専門分野:会計学

主要研究テーマ:セグメント会計、企業の管理会計システム、 企業の原価計算システム

主要担当科目

原価計算論、ゼミナール

所属学会・役職

日本管理会計学会
日本会計研究学会

主要な研究業績

学術論文 単著
「セグメント別利益のディスクロージャー-米国セグメント会計基準の検討-」『経済学研究』東京大学大学院経済学 研究科自治会 1988.10
学術論文 単著
「セグメント情報の修正再表示(1)-SFAS No.14の検討-」『経済研究』(明治学院大学)第89号, 1991.3
学術論文 単著
「セグメント情報の修正再表示(2)-USX のケースから-」『経済研究』(明治学院大学)第90号, 1991.3
学術論文 単著
「セグメント情報の修正再表示(3・完)-SFAS No.14の再検討-」『経済研究』(明治学院大学)第91号, 1991.10
学術論文 単著
「ソニーにみるセグメント情報の修正再表示」『會計』第175巻, 第4号, 2009.4

ゼミナール紹介

演習のテーマ

企業の会計システム

演習の内容

 企業の会計システムに関するテーマを各自が選択し、毎回順番に報告していく。研究領域は、財務会計、管理会計、あるいは原価計算等の会計学分野であれば、まったく自由である。報告者は、事前に十分な資料調査を行い、演習でのディスカッションに備えることが要求される。報告者以外のゼミ生も、毎回、最低一回の質問をノルマとして課せられる。
 3年次では、資料の収集やプレゼンテーション、ディスカッションを経験しながら、各自のテーマを模索する。
 4年次では、卒業論文の執筆に専念する。毎回の個人報告は、卒論についての、各自の執筆段階での中間報告となり、それをめぐるゼミ生全員でのディスカッションを通じて、問題点を絞り込み、論文の内容を深めていく。
 こうした2年間の演習を完遂するには、相当の忍耐力を要するが、その過程こそが、ゼミナールの醍醐味であったことを、いつの日か、懐かしく思い出すことになるであろう。

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ