明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

2015年度 海外でフィールドスタディ(中国) 実施報告

教員によるフィールドスタディ報告 : 宋 立水

概要報告

上海浦東開発区にて。2015年度FSC参加者

 グローバル化による国際的な相互依存環境下にある経済社会で発生する様々な複合的経済問題の起源、変遷、特質と解決必要性を多層的多元的に理解し、それらの解決に対して主体的に関与できる人材を養成することは、今日の大学教育に対する社会的要請となります。
 フィールド・スタディ(現場観察、現地研究)科目は、このような背景も下で、2002年から導入した。フィールド・スタディ科目の設立は、現場での問題発見、現場での問題意識、現場での問題構築、現場での仮説構築などを通して、学生たちの問題検証・仮説検証のための経済学理論への追求動機を刺激し、経済学理論学習の効果を高めることを期待したい。
 フィールド・スタディcは、中国社会と経済の現地調査科目として、経済学部と北京大学との間の協定により、北京大学と共同運営する教育科目として2002年からスタートした。以来、今年は11回目の実施となりました。
 2015年度のフィールド・スタディcプログラムの内容は、主に次の三つの部分からなります。すなわち、①北京大学を拠点とし、中国の政治、文化、経済の中心である北京地域での考察、②内陸部の湖南省へ行って現地の自然環境、社会文化、経済事情と少数民族の文化などについての考察、③現代中国の経済発展及び国際化発展の象徴である上海へ行って、企業調査、大学生と対話、市場環境などについて考察を行う予定です。
 中國現地滞在中に、学生たちは、市場リサーチ、日系企業及び中国地元企業への調査訪問、農村地域への訪問、環境交易取引所での調査、国際法律事務所でのイータンビュー、湖南省と上海市の大学を訪問し大学生との懇談交流、世界文化遺産の見学等含めた様々な有意義な体験をできたと思う。このような密度が高く、内容が濃い構成によって、学生たちには、できるだけ歴史が長く、地理的、文化的、経済的多様性がある中国についての理解を深め、複眼的に観る感性を高めていくことを期待したいと思っております。

実施プログラム: 2015年9月2日-9月13日

9月2日 (水) 午前 成田空港を第一ターミナル午前1035出発。NH905便
午後 北京国際空港1325到着。通関後、北京大学ホテル到着
夜(8:00-10:30) 自由行動
9月3日 (木) 午前 始業式、北京大学学生と交流、大学と学校生活紹介
午後 国有持ち株企業考察。仏系商業施設カルフール考察
夜(8:00-10:30) 自由行動
9月4日 (金) 午前 北京都市規画館見学、旧市街前門を視察
午後 世界文化遺産故宮博物館見学、王府井商業圈市場考察
夜(8:00-10:30) 自由行動
9月5日 (土) 午前 文化財盧溝橋視察
午後 世界文化遺産万里の長城を登る、後海旧市街考察
夜(8:00-10:30) 自由行動
9月6日 (日) 午前 世界文化遺産頤和園見学
午後 チベット仏教宗教施設雍和宮を考察
夜(8:00-10:30) 飛行機で湖南省へ
9月7日 (月) 午前 世界文化遺残張家界
午後 張家界少数民族文化考察
夜(8:00-10:30) ショー鑑賞
9月8日 (火) 午前 湖南省昭山市毛沢東故郷へ移動
午後 現地住民インタビュ―
夜(8:00-10:30) バスで長沙市移動
9月9日 (水) 午前 日系商業施設平和堂調査
午後 湖南省農業大学日本語学部法訪問・学生との交流会
夜(8:00-10:30) 飛行機で上海へ
9月10日 (木) 午前 上海近郊の1000年村を考察
午後 上海自動車工場調査
夜(8:00-10:30) 自由活動
9月11日 (金) 午前 国連機構上海全球環境技術取引所訪問調査
午後 旧租界地田字坊考察
夜(8:00-10:30) 自由活動
9月12日 (土) 午前 上海外国語大学訪問し大学生との懇談会
午後 上海市街の発祥地旧市街豫園、繁華街南京路を考察
夜(8:00-10:30) 上海バンド
9月13日 (日) 午前 上海浦東開発区を考察,大成法律事務所訪問
午後 NH960便(17:00)上海を出発、20:55成田に到着
夜(8:00-10:30) (修了証書授与)

学生による履修報告

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ