Takashi Saito
齋藤 隆志

プロフィール

学位京都大学博士(経済学)

最終学歴京都大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学

専門分野労働経済学、企業経済学

主要研究テーマ企業内人事制度の経済分析

主な社会的活動

  • 公益社団法人国際経済労働研究所共同研究員
  • 独立行政法人 経済産業研究所「企業統治分析のフロンティア
     :リステイクと企業統治」研究会委員
  • 厚生労働省 労働経済分析研究会委員
  • 株式会社 パーソル総合研究所 アドバイザリーボードメンバー
主要担当科目

労働経済論、入門計量経済学、計量経済学

所属学会・役職

日本経済学会、日本応用経済学会、九州経済学会

主要な研究業績
  • 著書 共著
    『スポーツの世界は学歴社会』PHP新書、2012年
  • 学術論文 共著
    “Business Integration and Corporate Performance under the Pure Holding Company System in Japan”, Japanese Research in Business History, vol.29, pp.55-76, 2013年
  • 著書 共著
    “Does Educational Background Affect Performance and Second Careers of Athletes? Empirical Analysis of Japanese Professional Baseball Players”, Y.H.Lee and R.Fort(eds.) The Sports Business in The Pacific Rim, Springer, pp.253-276, 2014年
  • 学術論文 単著
    「企業内賃金格差が労働者の満足度・企業業績に与える影響」、『日本労働研究雑誌』 No.670, pp60-74, 2016年
  • 学術論文 共著
    「なぜ就業継続率は上がったのか-ワーク・ライフ・バランス施策は少子化対策として有効か-」、『経済研究』Vol.68, No.4, pp303-323, 2017年
ゼミナール紹介
演習のテーマ

労働経済学

演習の内容

 「労働経済学」で扱うテーマは様々で、失業、格差、教育・訓練、女性の進出、家事分担、人事制度、長時間労働、従業員のやる気、外国人労働などおよそ「働くこと」に関することなら何でもありです。

 3年生の秋学期に他大学との合同ゼミを実施します。4~5人のグループを作り、それぞれ上記に挙げたようなテーマの中から興味のあるものを選択し、計量経済学を用いた分析を中心とする研究報告をしてもらいます。

 その準備として、まずは2年生の秋学期(プレゼミ)では新書をいくつか読んで、経済学的な思考法を身に付けます。そして3年生の春学期と夏休みを使って、各グループで研究プロジェクトを進めます。具体的には、まず選択したテーマに関する文献(研究書、論文)を読み、それを手本として自分たちでデータを収集し、計量分析を行います。

 このほか、毎週1~2名の担当者が日本経済新聞から労働に関する記事を紹介したり、サブゼミで SPI 対策等を行ったりしています。さらに毎月何らかのイベントがあり、中でも夏合宿は大いに盛り上がります。ゼミとしての活動が非常に多いので、一人一つ係を担当することになり、サークル・部活・アルバイトと両立させながら忙しい日々を送ります。

学生によるゼミナール紹介