Makoto Kanda
神田 良

プロフィール

学位商学修士

最終学歴一橋大学商学研究科博士後期課程修了

専門分野経営学

主要研究テーマ長期存続企業の経営、戦略学習する組織、中堅企業のグローバル化

主要担当科目

Business in Japan、ヒューマン・リソース・マネジメント、ゼミナール

所属学会・役職

国際ビジネス研究学会、日本ベンチャー学会、経営システム学会、労務学会、組織学会、経営学会

主要な研究業績
  • 著書 共著
    『虎屋の五世紀』 (通史編) 大日本印刷 2003
  • 著書 共著
    『実務入門 経営をしっかり理解する』 日本能率協会マネジメントセクター 2005
  • 著書 共著
    『シャチハタ八〇年史』 シャチハタ 2007
  • 学術論文
    「ボーン・アゲイン・グローバル企業の持続的競争優位性に関する研究」、『情報科学研究』 第21号 2012
  • 学術論文
    「老舗に学ぶ企業永続のマネジメント」、『信用金庫』 2012年10月号 2012
ゼミナール紹介
演習のテーマ

日本企業の戦略行動(特にリスクマネジメント戦略と長期存続企業の経営戦略)

演習の内容

 2年の予備ゼミでは、経営学の基本的な知識、会議の進め方、問題解決法、発想法を学びます。

 3年になると、まずは理論書を数冊読みます。その次に、テーマに沿って実際に企業や産業に関する資料・データを収集、分析します。こうして、日本企業・産業の事例分析を通じて、日本企業の経営戦略の新しい動きに関して仮設を定立します。この研究は、学外のゼミと一緒に行う発表会で発表して、論文にします。一連のこうした研究を通して、自分でテーマを決め、理論書を読み、事実データを収集・分析して自分なりの理論を構築するといった手順を学びます。

 4年では、こうして獲得した研究ノウハウを活用して、自分で決めた研究テーマに沿って卒業論文を仕上げます。

学生によるゼミナール紹介