Seminar Introduce
学生によるゼミ紹介

18年度学生によるゼミ紹介:大竹光寿ゼミナール

人員構成

  • 4年生:20人 (経営学科:16人 国際経営学科:4人)
  • 3年生:21人 (経営学科:21人)

授業内容

大竹ゼミでは主に、ブランド・マネジメント、マーケティング、消費者行動について学んでいます。
毎週のゼミでは、輪読・グループ活動を大きな枠組みとして授業を展開しています。
輪読では『パワーブランドの本質(片平秀貴:著)』を用いて、テキストで示された概念や理論を踏まえて現実の事例を分析し、議論しています。
グループ活動では、昨年度(2017年度)から、「ブランドブック」を編むというプロジェクトを行なっています。
これは、秀逸なブランドを探し、創業者、製品やサービスの生産プロセスに携わる職人、営業・広報を担当している方、そのブランドを愛用する消費者などに対して徹底的に取材を行うものです。

先生の特徴

学生の1つの質問に対して、10の回答をしてくださるほど、あらゆる分野に深い知識をお持ちです。
先生が面白いと思ったらとことん深掘する研究熱心な先生で、実務家の方のお話などもしてくれます。
また、学生の発表を聞いている際、相槌を打ってくれ、しっかりと聞いてアドバイスをくださるため、モチベーションを高く保たせてくれます。

ゼミの雰囲気

個々人で課題を見つけ、自分なりの材料で解決の糸口を探し出すといった主体性を大事にしているゼミです。
授業内では、自ら進んで自分の意見を発言する積極的な学生が集まっています。
また、自分と意見が異なったとしても、聞く姿勢を持ち、受け入れる柔軟性も持っています。
このように授業は真面目な雰囲気ですが、懇親会やBBQ、先輩方との交流の場もあったりと、メリハリがあるとても仲の良いゼミです!

ゼミ生の就職先

将来の夢はゼミ生それぞれだと思います。みんな違った目標はありますが、どの学生も志は高く持っている印象です。
就職先は、金融、商社、旅行、アパレル、通信、不動産、広告、ブライダル、コンサルティング、ITなど多岐にわたっています。

ゼミのHPへのリンク

ゼミ8期生(2018-2019年度)