Masanori Chiba
千葉 正憲

プロフィール

専門分野西洋経済史

主要研究テーマ西洋経済史

主要担当科目

西洋経済史、入門経済史、ヨーロッパ経済論、ゼミナール

所属学会・役職

社会経済史学会

主要な研究業績
  • 著書 単著
    『増補版 ヨーロッパ経済論』DTP出版
ゼミナール紹介
演習のテーマ

ヨーロッパの歴史・文化・経済

演習の内容

 このゼミでは、ヨーロッパの歴史・文化・経済を学ぶ。
 
 ヨーロッパは、中世中頃までは世界の片田舎にすぎなかったが、近代に入ると、急速に力をつけ、遂に世界を制覇するに至った。しかし、第一次世界大戦を境に、「西洋の没落」が顕在化し、第二次大戦はこの傾向に拍車をかけた。幸いにも、第二次大戦後、ヨーロッパは蘇り、現在では欧州連合(EU)を形成して、米国や中国、ロシアに対峙している。このような長い歴史をもつヨーロッパについて理解を深めることが本演習のねらいである。あるドイツの政治家は「過去に目をつぶる者は、現在に対して盲目になる」と述べたが、本ゼミでは、この言葉を噛み締めながら、学習を進める。

 3年次の演習では、(1)樺山紘一『ルネサンスと地中海』(中央公論新社)、(2)水島司『グローバル・ヒストリー入門』(山川出版社)、(3)岩田健治他『現代ヨーロッパ経済5版』(有斐閣)、(4)庄司克宏『ブレグジット・パラドクス : 欧州統合のゆくえ』(岩波書店)などの文献を全員で読む。これらの文献の講読を通じて、基礎知識を習得するとともに、文献や資料の読み方、資料の収集方法、発表の仕方、討論への参加の仕方、文章の書き方などを学ぶ。

 4年次には、各自テーマを設定して卒業論文を作成する。演習参加者は、卒論作成に必要な資料の収集を進め、卒論のテーマに関する研究を深める。授業では、輪番で、卒論に関する研究発表(中間発表)をおこなう。中間発表をめぐるゼミ生全員によるディスカッションを通じて、論点を絞り込み、卒論の内容を深めていく。

 演習での勉学で十分な成果を挙げるためには、(1)読書好きであること、(2)知的好奇心と問題意識を持っていること、(3)調査・研究を厭わないこと、が肝要である。意欲のある学生の参加を歓迎する。

学生によるゼミナール紹介