Masashi Egawa
江川 雅司

プロフィール

専門分野財政学・地方財政論

主要担当科目

財政学、地方財政論、ゼミナール

所属学会・役職

日本財政学会会員、日本地方財政学会理事長、日本経済政策学会会員、国際財政学会会員 他

主要な研究業績
  • 著書 共著 「準公共財の財政論」 多賀出版
  • 著書 共著 「シャウプ勧告の研究」 時潮社
  • 著書 共著 「現代の地方財政」 有斐閣
  • 著書 共著 「日本の財政」 創成社
  • 著書 共著 「現代国家の危機」 富嶽出版
ゼミナール紹介
演習のテーマ

国と地方政府(都道府県と市町村)の財政に係る研究

具体的テーマ
「国(中央政府)の財政分析」、「所得か消費の課税ベースの研究」、「所得税制度や消費税制度の研究」、「年金・医療制度の研究」、「財政再建策の研究」、「地方政府の財政分析」など。

演習の内容

 いつの時代でも、国並びに地方政府(都道府県と市町村)における行財政問題が話題になりますが、この問題(具体例として、財政赤字と財政再建問題、消費税・地方消費税制度並びに税率に関わる問題、所得税・法人税の増減税問題、新税導入及び公債発行等による財源調達問題、社会保障財源確保問題、年金問題、歳出額削減問題、国から地方政府への税源移譲・補助金制度問題、及び地方分権化問題等をあげることができます)は、国のみならず地方政府(地方公共団体)にとって、「公平」、「効率(中立)」、並びに「財源確保」の行財政運営基準から照らして発生するものであり、決して無視することのできない重要な問題です。とりわけ、国及び地方政府の財政赤字と財政再建策の問題は、他の先進諸国の財政と比較しても重要な検討問題であるといえます。さらに、国際化に伴って、国家間の税制度や税率の相違から発生する国際課税のあり方も問題となっています。

 したがって、本演習では、ゼミ生諸君に、国と地方政府(地方公共団体)が抱えているさまざまな問題のうち、関心のもてる問題を一つ採り上げてもらい、その問題の現状と対応策等を考察し、卒業論文としてまとめることのできるように指導します。その際、言うまでもなく分析する道具(制度、理論など)の力を養うことに心がけて指導します。

 また、ゼミ生諸君が、研究ばかりでなく将来の進路を決定できるような就職活動対策、コミュニュケーション能力の育成にも努め、演習の一環として指導することに努めます。

学生によるゼミナール紹介