Atsushi Nishio
西尾 敦

プロフィール

学位工学博士

最終学歴東京大学大学院工学系研究科

専門分野統計学

主要研究テーマ計量経済理論、応用統計学

主要担当科目

統計学、ゼミナール

所属学会・役職

The Bernoulli Society for mathematical Statistics and Probability Theory 応用経済時系列研究会、理論計量経済学会、応用統計学会、日本統計学会

主要な研究業績
  • 論文 単著
    ” Seasonal Unit Root Models and Seasonal Adjustment ” , Proceedings of the 3rd International Symposium on Frontiers of Time Series Modeling, ed. Kawasaki.Y., Inst.Math.Stat., 2002.
  • 論文 単著
    ” Nonparametric Inference Based on an extremely small sample ” , Proceedings of the 7th Japan^China Symposium eds Hirotsu,C. and Chen, J. 2000
  • 論文 単著
    ” Testing for a Unit Root in the Frequency Domain ” , 統計数理研究所共同研究報告書103(時系列解析の理論と応用), 1997
  • 学術論文 単著
    「ディリクレ回帰モデル」『標準化と品質管理』Vol.47, No.6 1994
  • 翻訳 共著
    『確率モデルハンドブック』朝倉書店 1995
ゼミナール紹介
演習のテーマ

データ解析の理論と実践

演習の内容

3年次:全員でテキスト(未定)を講読し、並行して、「R」による分析の練習をする。

4年次:原則として個別にテーマを設定し、データを収集し分析を行い、結果を卒業論文にまとめる。テーマは自由。過去の例を挙げると
 

  • 消費者物価指数の時系列分析によって、消費税導入(税率変更)が物価に及ぼす影響を、品目毎に推計し、これを基に流通構造などを考察した。
  • 1920に始まる国勢調査その他の長期統計や現在の生命表などを用い、出生年によるコホート分析を行い、生年(世代)毎の日本人男女の平均寿命(たとえば1920年生まれの男性の平均寿命は約54年であることなど)を推計した。
  • Jリーグ公式戦の全データから、ポアソン回帰分析とよばれる方法を用いて、各チームの得点力、守備力を同時に推計した。(スポーツに関しては、データがネット上にも豊富で集めやすく、また面白いのでここしばらく、毎年誰かがテーマとして取り上げている)
学生によるゼミナール紹介