Hirohisa Nagai
永井 裕久 教授

プロフィール

学位 経営学修士、博士(商学)

最終学歴慶應義塾大学大学院商学研究科・後期博士課程(単位取得退学)

専門分野異文化組織マネジメント、グローバル人材開発

主要研究テーマ「グローバルリーダーの行動特性(コンピテンシー)と意識特性(マインドセット)の学習メカニズムと育成方法に関する実証研究」

主な社会的活動同志社大学大学院ビジネス研究科アカデミックアドバイザー

主要担当科目

国際経営学特論(Transcultural Management, Professional Manager)
Special Topics in Global Leadership
Global Field Study
Introduction to Research Methods

所属学会・役職

経営行動科学学会
Academy of Management
Academy of International Business

主要な研究業績
  • 永井裕久、山下雅彦(2021)「“Kissaten”におけるソーシャル・キャピタル醸成要因の探索」
    コーヒー文化研究(第28巻)pp.3-11.
  • Kameyama, N., Nagai, H. and Ikoma (2020), N. Job Characteristics Affecting Japanese Surgeons’ Satisfaction Levels, Journal of Surgical Research, pp.1-6.
  • Nagai, H. Ed. (2016) International Comparative Survey on Global Mindset,
    Competencies and PPDAC for High School Students among 10 Countries, University of Tsukuba Repository (no. 00144072), pp.1-119.
  • 永井裕久、キャロライン F ベントン、椿広計、木野泰伸 (2016)「グローバルリーダーに求められる行動特性・育成方法・効果測定-海外文献研究から読み取る研究課題の推移と展望-」組織科学(第50巻第1号)
  • Benton, C., Nagai, H., Tsubaki, H., Kino, Y. (2015) An Exploratory study on the Learning Mechanism of Global Leadership Competencies Ohkan, Vol.9, No. 1, pp.5-13.
ゼミナール紹介
演習のテーマ

異文化マネジメントにおける人間の心理と行動
Human Psychology and Behavior in Transcultural Management

演習の内容

1. 将来、グローバルに働くために必要となる「異文化コミュニケーション」、「グローバルリーダーシップ」、「国際交渉力」といった人間の心理や行動について学びます。
Study the topics such as “cross-cultural communication”, “global leadership”, and “international negotiation” which are the essentials for those who would like to work globally in the future.

2. 右図の5つの要素から構成される「課題解決のフレームワーク」を身に着けます。
Lean how to use “Problem Solving Framework”

①デザイン感覚:解決アプローチを設計する。
“Design Mind” to sketch your approach.
②知的好奇心:原因を考える探究心を発揮する。
“Intelligent Curiosity” to anticipate the causes.
③情報収集:意味ある情報を見分けて集める。
“Data Collection” to discover the relevant information.
④ストーリーテリング:解決に向けたシナリオ(戦略)を描く。
“Story Telling” to map out the solution scenario (strategy).
⑤提案表現力:効果的に提案を伝える。
“Express Proposal” effectively.

3. 文化や国境を超えてマネジメントできるよう、日英デュアルランゲージで学びます。
Study the subjects in dual language to carry out the management across cultural and country boarders.

4. 「学んだ知識」を「使えるスキル」にするために、ゼミプロジェクトを行います。
Conduct seminar projects to convert “the learned knowledge” into “the practical skills.”

5. 最終的なゴールは、グローバルビジネスで活躍するための能力を身に着け、将来にわたり持続可能な自己学習能力(すなわち”How to do it” ではなく、”How to learn to do it”を学ぶ)を学修することです。
Final goal of this seminar is to adapt the competencies to take an active role in the global business and learn how to continuously brush it up by self-learning ability. (In other words, not learn “How to do it” but, learn “How to learn to do it”.)