Seminar Introduce
学生によるゼミ紹介

10年度学生によるゼミ紹介:手塚奈々子ゼミナール

演習の内容

みなさんこんにちは!
私たち手塚ゼミは男子7名・女子7名と先生の15名で「イタリアのキリスト教文化」について勉強しています。

手塚ゼミでは、文献を読んで各自が分担された箇所の発表をしています。もちろん自分が担当していない箇所も毎回読んできて、それぞれ意見を言ったりもします。そして各自レポートを提出する、というような形で勉強を進めていっています。

春学期は、遠藤周作のテキスト『聖書の中の女性たち』を使って基本となるゼミの発表の仕方・グループディスカッション・ゼミレポートの書き方などの練習をしていき、そのあと本格的に藤沢道郎の『物語イタリアの歴史–解体から統一まで』と『物語イタリアの歴史?–皇帝ハドリアヌスから画家カラヴァッジョまで』のテキスト等を使って学んでいきます。
秋学期は、上記の藤沢道郎等のテキストの続きをやり、そのあとはそれぞれが関心のあるテーマを調べて発表をしていきます。

他にも、ビデオを使って先生がイタリアの文化を紹介して下さったり、みんなで東京の四ツ谷にある教会に行って実際にミサの体験学習をしたり、コンパを行ったりします。合宿も行う予定です。ちなみに、人数が揃えばゼミでイタリア旅行(研修?)をしようという計画もあります♪

手塚先生は明るくて親しみやすくて、そしてよく笑う先生です☆
先生はゼミ生の意見は否定せずにそのままを受け入れてくれます。ゼミ生が間違った知識を持っていたら丁寧にその間違いを説明して正してくれますし、どんな質問に対してもしっかりと分かりやすく答えてくれるとても優しい先生です!
また手塚先生は大のサッカー好きで、サッカーの話をする時はいつも楽しそうで、目が輝いています!そんな先生を見ると、私たちゼミ生までつられて笑顔になってしまいます(笑)

ゼミ生同士は、男女・学科関係なく本当に仲が良いです!みんな社交性があって親しみやすい人が集まっているので雰囲気はいつも明るいです♪
ゼミの始まる前と終わった後はアットホームな感じで楽しんでいますが、ゼミの最中はメリハリをもって、発表やディスカッションなど、みんな集中して取り組んでいます。
コンパでは、先生もゼミ生も全員が盛り上がっていました!ワイワイはしゃいで交流を深めて、たくさん笑って、とても楽しかったです。これからのゼミがより一層いいものになるだろうな、と思えることができました☆

こんな手塚ゼミに興味を持った方は、ぜひこのゼミに来てください!!