Seminar Introduce
学生によるゼミ紹介

12年度学生によるゼミ紹介:江川雅司ゼミナール

こんにちは!江川雅司ゼミナールです!

簡単にですが、江川ゼミについて説明させていただきます。

人数構成

私たち江川ゼミには18人が在籍しており、公共政策コース・世界経済コースの両方の学生が学んでいます。(経営学科の生徒は在籍しておらず、経済学科の生徒のみで構成されています。)

授業内容

研究している分野は「国と地方政府の財政」です。
現在は、持田信樹著の『財政学』というテキストを使って、日本の経済循環から税金、年金などの私たちの生活とは切っても切り離せない事柄を幅広く学んでいます。毎週、テキストの1章ごとに担当者がレジュメを作成し、発表するという形をとっています。発表の際、先生を含め全員で意見を出し合ったり質問をしたりと、普段受けている授業とは違った、より生徒主体の授業であると言えると思います。そういった形をとっているので、生徒1人1人の理解も深まるし、自分なりに理解をしていくという姿勢が学べる場であるとも思っています。他校との報告会なども、生徒が行っていきたいということであれば、セッティングしていただくこともできると伺っています。
また、研究だけでなく卒論作成や就職活動に関してもしっかりとサポートしていただけるとのことで、とても心強く感じています。

先生の特徴

江川先生は授業中こそ厳しい面もありますが、わからないところは丁寧に説明してくださるのでとても勉強になります。
けれども、それ以上に私たちが惹かれたのは先生の人柄です!
優しくて気さくで、何より私たちのことを親身になって考えてくださる生徒思いの自慢の先生です。先生の人柄に惹かれてこのゼミに入ろうと思った人も多いように思います。

ゼミの雰囲気

男女比はほぼ同じで、個性豊かな生徒が集まっており授業中も授業外の日常も楽しく過ごしています。ただ、講義中はしっかりけじめをつけてみんな真面目に取り組んでいます。
コンパも定期的に行っていて、頻度はそこまで多くありませんがその分必ず盛り上がります!
また、毎年夏休みに合宿を実施しています。コンパもそうですし、合宿もゼミ生が中心となって日程や場所などを決めていく形なので、サークルやアルバイトで忙しい人も予定を合わせやすいように思います。

先輩の就職先・強い業界

金融系の企業や銀行員、公務員からメーカー、ITまで幅広いですが、やはり金融系の企業に就職された方が多いと伺っています。
OB・OGの方々が多方面で活躍されています。

以上で江川ゼミの説明を終わらせていただきます。
問い合わせは学生の説明会の際にお願いします。