Seminar Introduce
学生によるゼミ紹介

17年度学生によるゼミ紹介:中尾茂夫ゼミナール

人員構成

現在、9人で活動を行っています。グローバルスタディコース、企業制度デザインコースの学生が所属しています。

何をどのように勉強しているのか

中尾ゼミのテーマは「Globalization下におけるヒト・カネ・情報」です。私たちは、主にビジネス書を通じて、経済活動やマネーの動きを学んでいます。毎週プレゼンテーションを行い、その内容についてディスカッションを行い、知識を深めています。私たちの知識だけでは理解し難い点は、先生が分かりやすく教えてくださいます。それによって、グローバルな視点からローカルな視点まで、様々な角度から経済を見ることができるようになります。また、教室内だけではなく課外での活動も行います。

先生の特徴

中尾先生は、たくさんの著書を出版されていて、ビジネス誌にも論考を多数執筆されています。先生は、国内でのご経験はもちろんのことながら、海外経験も豊富で様々なご経験をなさっておられています。また、以前に社会人の方に教えていらしたので、お話も非常に興味深く面白いです。経済の難しい問題をわかりやすく説明してくださるので学生が疑問を持った際にもすぐに解決し、さらに新しい物事の見方や考え方を提示してくださります。学生の提案や要望などにも柔軟に対応してくださるとても気さくで優しい先生です。
ゼミの雰囲気

毎週行われるディスカッションによって、ゼミの中でお互いの意見を交換したり新しい発見ができる環境になっています。疑問に思ったことはゼミの中で質問し、議論のなかで答えを出していくというスタイルです。ディスカッションをすることで自然と議論が進んでいきます。就職についての情報なども交換しあっています。本格的にゼミが始まる前の春休みには、2泊3日の合宿が行われ、今まで交流のなかったメンバーとも打ち解けることができます。お酒を交えて食事もでき、お互い距離が縮まります。ゼミという形で集まってお互いが深い関係になっていきますが、ディスカッションやプレゼン時には緊張感があり、また今後のゼミ活動などについて意見を出し合い、方向性を決めていくという雰囲気です。

主な就職先

将来の夢や先輩の就職先ゼミの先輩の就職先として、銀行(メガバンクや地銀)、信用金庫、証券、生保、リースなど金融業界が最多ですが、他にも、メーカー、商社、建設、航空、公務員など、卒業後の進路は多岐に渡ります。珍しい例として、起業して経営者になった先輩、数年の勉学を経て税理士試験に合格した先輩もおられます。中尾ゼミでの目的でもある咀嚼した情報力を活かして、就職活動や就職先でも役に立っています。