Seminar Introduce
学生によるゼミ紹介

17年度学生によるゼミ紹介:大平浩二ゼミナール

人数構成

4年生が13人、3年生が12人です。

ゼミでの勉強について

狭く経営学に限らず、世界の経済や政治等々の歴史的な経緯をじっくりと考えます。今年の3年生が読んでいるのはE.トッドの『帝国以後』と小倉昌夫の『経営はロマンだ』です。前書を4月から毎回担当を決めて報告し、内容について議論しています。この100年、200年の世界の歴史的なプロセスを、現代の諸状況と重ね合わせて考えるのがこのゼミでの基本です。4年生は各自の卒論へ向けての準備を始めています。

先生の特徴

優しくもあり、厳しくもあります。

ゼミの雰囲気について

ゼミのガイドブックにもありますが、学生の皆でゼミを盛り立てていくのが条件です。例えば、ゼミの始まる前には、PCの準備とか、終わった後の片づけなど、自らがゼミを作っていくという気持ちでやっています。と同時に和気あいあいの中にも、マナーに厳しく、ゼミ活動や勉強には積極性を忘れないでやっています。

先輩の就職先

様々な業種で活躍しているようです。

ゼミのHPはありません