Seminar Introduce
学生によるゼミ紹介

18年度学生によるゼミ紹介:小川文昭ゼミナール

人員構成

13人(経済学科11人、経営学科1人、国際経営学科1人)

授業内容

小川先生のゼミでは主に英語で書かれている経済に関する本を読み進め毎授業ごとに生徒が訳してきたものを確認から知識の定着までを行うものです。
一回の分量は毎授業ごと異なります。
膨大に出ることはありません。安心してください。
小川先生自体、中国語の専門であり英語の専門ではないので先生の訳し方が全て正しいということはなく先生の訳も参考にして自分たちの考えと照らし合わせて解釈し知識の定着を目指していきます。
卒論のテーマは経済という重たい枠にとらわれることなく好きなものを書いていいので自分の興味、関心のあるテーマについて2年間かけて存分に調べ上げることができ自分の意見で論文を綴ることができるのでとても充実する時間の使い方ができるのも小川先生だからこそのゼミだと思います。
しっかり論文を書く上でのやり方も授業内で小川先生が丁寧に分かりやすく指導してくれます。

先生の特徴

一見、ゼミでの内容を見ると、堅苦しいゼミだと思うかもしれませんが、そんなことはありません。
小川先生はとても温厚で出席率にしても、成績評価にしてもとても寛容です。
小川先生は話せば話すほど魅力を感じる機会が多くなります。
世間話ひとつにしても自分には持っていないものの見方をしておりとても興味深い先生です。

ゼミの雰囲気

ゼミの雰囲気はみんなマイペースでコンパや合宿などのイベントはありません。
正直、大学生活の楽しみがコンパや合宿と考えている人にはあまりおすすめすることができないゼミと言えるかもしれません。
しかし、考え方は人それぞれでコンパや合宿がないことがまた小川ゼミの魅力だと思います。

自分の興味関心のあること、心の琴線に触れるものを自分のオリジナルの文章で綴り自分の考えていることや発想などを爆発させることができるゼミです。
是非そういうことをしてみたい人、小川先生に興味が沸いた人は是非参加してもらいたいです。