COOL HEADS BUT WARM HEARTS

Department of Economics
経済学科について

あなたのキャリア・プランを実現させる新しい時代の3コース制

~新しい時代を切り抜き
キャリアに直結する実践的学び~

経済学科の概要メインビジュアル

経済学科では、充実した基礎教育と専門性に応じた3コース制の教育により、キャリア・プランを実現するための力を高めていきます。

1年次は経済学の入門科目や幅広い教養科目で基礎を固めます。また、少人数制の科目も充実しており、経済情報処理や基礎演習などの科目で実践力を養い、ネイティブによるレベル別の英語教育を通じて語学力の向上も図ります。

2年次からはコースを選択し、将来のキャリアに直結する専門科目を受講していきます。そこでは、自身の関心に応じて、経済政策、企業行動、法制度など様々な分野を対象に、データ分析やフィールドスタディなど自分に合った分析手法を習得していきます。

世界的に注目度が高まっている「実験経済学」のための最新の実験室も完備しています。同じ学部の経営学科・国際経営学科科目の履修も可能です。

また、1年間留学をしても通常の4年間で卒業することが可能な、正規留学や認定留学*1制度も整備しています。

経済の仕組みを理解したい、データの分析技術を学びたい、金融市場の知識を得たい、海外の実情を体感したい、資格を取得したいなど、学生の様々な希望や意欲に応えるカリキュラムを提供しています。

もちろん、学習を進めていくうちに関心・興味のある分野が変わることもありますので、コースの垣根を超えた科目の履修や、途中でのコース変更も可能な、柔軟なシステムになっています*2

*1 留学先で取得した専門科目の単位を明治学院大学の単位・成績として認定します。

*2 コースの変更は希望コースに空きがある場合に限られます。

企業・制度デザインコース

~複雑なIT社会、ファイナンス経済への
戦略的思考とデータ分析~

    アプローチ

  • 企業組織、法や制度について先端的な経済学の手法で学ぶ。
  • 企業や政府のイニシャティブで市場や制度をデザインする。
  • ゲーム理論、情報の経済学を習得する。

    学習内容

  • 現実の企業を取り巻く経済環境への理解
  • 企業が求めている現実的な経済分析のニーズにこたえる
  • 企業組織内での行動の経済分析
  • インセンティブ、情報、不確実性
  • ファイナンス、金融システム

    特色

  • ノートパソコンを使った入門計量経済学で実践的データ分析の基礎を養う。(ポリシー・アナリシスと共通)
  • 「現代社会と経済」新しい視点の育成
  • 1、2年次から基礎演習、経済学演習によるきめの細かい教育
  • 「企業と組織の経済学」、「金融システム論」、「経済の先端的問題」など最新の経済学を取り込
入門計量経済学

ポリシー・アナリシスコース

~自由な市場経済と
それを補完するミクロ、マクロの政策~

    アプローチ

  • 経済学を基礎から着実に伝統的な経済学で学ぶ。
  • 経済政策の効果をモデルで学び、経済について議論できる。
  • 経済の構造やメカニズムに対する確固たる視座を持つ。

    学習内容

  • モデル分析、データ分析
  • 財政政策・金融政策
  • 日銀や財務省、国際政策協調、厚生、労働、通産、地方行政の政策を理解する。

    特色

  • 少人数教育
  • 入門、初級、中級と段階を追った学習
ゲーム理論

グローバル・スタディーズコース

~グローバル化した経済の実情に精通し、
高度なコミュニケーション力~

    アプローチ

  • グローバル社会で生じている多様な問題を地域、時代から複層的にとらえる。
  • 国際的視野、グローバルな視点で経済を分析する。

    学習内容

  • グローバル・コミュニケーション能力
  • ケーススタディー、現場対応力、発信力
  • 開発経済学
  • アジア・中国経済、ヨーロッパ・アメリカ経済
  • 現代西洋経済史、現代日本経済史

    特色

  • 経済英語、経済事情(英語)2年次のネイティブによる英語教育
  • 専任教員によって少人数教育のもと実施される、海外でのフィールド調査
フィールドスタディ
教員メッセージ

進化し続ける経済学科 
-社会での活躍を見据えて
経済学科主任 大村真樹子

経済学科 教授の画像

2014年度からスタートした、「ポリシー・アナリシス」「企業・制度デザイン」「グローバル・スタディーズ」の3コース制カリキュラムは、時代の動向を踏まえ、経済学の変容を取り入れた先進的なカリキュラムです。オーソドックスなマクロ経済学やミクロ経済学や、実践的なフィールドスタディといった科目はもちろん、ここ20~30年目覚ましい発展を遂げてきた「情報の経済学」「ゲーム理論」「オークション理論」「組織の経済学」を提供しています。今年度からはそれらに加え、近年、進展著しい経済学の新分野である「行動経済学」「実験経済学」*を提供します。


経済学は「お金の学問」と思われがちですが、広く社会・組織の仕組みや人間の誘因(インセンティブ)や行動を捉えて理解し、より良い市場や社会制度をデザインしようとする学問です。例えば、私たちは日々、様々な「選択」をして生活していますが、案外後悔してしまうような、非合理な選択をすることもあります。勉強の計画を立てたのに、ついつい後回しにして周回遅れ。ダイエットを決意した先から濃厚なチョコレートケーキをぱくり。アマゾンや楽天ショップで「(一定額以上)送料無料」にするために、買うつもりのなかったものまで買ってしまい、結局いらなかったな…と。これは、目先の利益を優先する傾向、『現在バイアス』を私たちが持っているからと、行動経済学では考えます。それを変える『ナッジ(‘nudge’,ちょっとしたしかけ)』があれば、より良い選択が出来るかもしれません。イギリスではキャメロン首相の頃に、ナッジの手法を応用して納税滞納者の納税率を高めさせる方法を、フィールド実験を通じて見出しました。


経済学の新しい知見と、IT技術の発展に伴って溢れ出る大量のデータを、経営戦略や政策に利用するトレンドは飛躍的に強まっており、グローバル化も進展する中、企業や社会のあり方も目まぐるしく進化してきています。経済学科では、新しい分野を含む多彩な科目やアクティブラーニングを取り入れながら、政策の影響や人間の行動を理解する力、データを分析する力、グローバルに活躍できる実践力・語学力・対人力・人間力を、皆さんに培って頂き、皆さんが社会で活躍する人材となるようサポートをしていきます。

行動経済学・実験経済学の分野では、2002年のダニエル・カーネンマンとバーノン・スミスをはじめ、
2013 年にロバート・シラー、2017年にはリチャード・セイラーが、ノーベル経済学賞を受賞しています。

学生メッセージ

実社会での法制度や仕組みを経済学的観点で理解し、
分析できるようになりました 
経済学科T.S.さん
(ゼミ専攻「イノベーションの経済学」/
ITコンサル会社総合職内定)

経済学科 学生の画像

1~2 年生で経済学の基礎を身につけることにより、3年生以降の「労働経済学」や「法と経済学」などの実社会を解き明かすための経済学に興味と納得感を持って、学習を進められました。また、「計量経済学」の授業で身に付けた回帰分析は、自分が興味を持てるあらゆるものを、経済学的視点で理解することに役立つ一生モノの技術です。


世の中には因果関係があるように示される誤った情報も多いですが、経済学的視点に立つことにより、正確に情報の取捨選択ができるようになりました。経済学的視点で分析して判断できる力を身に着けることにより、この情報過多の時代でも自分なりの軸を持って行動できるようになったと思います。


就職活動でもこの点を評価していただき、複数の内定を頂きました。これからも変化の激しい時代において、他者に判断を依存することなく、視野を広げていきたいと思います。