Yoshihisa Godo
神門 善久 教授

プロフィール

学位京都大学博士 (農学)

最終学歴京都大学農学研究科農林経済学博士後期課程 中退

専門分野経済政策

主要研究テーマThe Economic Role of Education in the Asian Developing Economies

主な社会的活動関西商品取引所運営委員会米穀部会委員

主要担当科目

農業政策論、経済発展論、ゼミナール

所属学会・役職

International Association of Agricultural Economists, Chinese Economic Association in North America, 次世代産業ナビゲーターズフォーラム

主要な研究業績
  • 学術書 単著
    『日本農業への正しい絶望の仕方(仮題)』新潮社、近刊
  • 学術論文 単著
    「地域統合と農業」浦田秀次 郎・栗田匡相編『テキストブック アジア経済統合』勁草書房、近刊
  • 学術論文 単著
    「工業化の二段階仮説と人的資本」社会経済史学会編『社会経済史学の課題と展望 — 社会経済史学会創立80周年記念』有斐閣、近刊
  • 学術論文 単著
    “A New Database on Education Stock in Taiwan.”, PRIMCED Discussion Paper (Hitotsubashi University) No. 20, 2012.
  • 学術論文 共著(共著者:高橋大輔 氏)
    “Evaluation of Japanese Agricultural Policy Reforms Under the WTO Agreement on Agriculture”, Paper presented to the 2012 International Association of Agricultural Economists (IAAE) Conference at Foz do Iguaçu, Brazil, 18- 24 August 2012.
ゼミナール紹介
演習のテーマ

経済学の基礎がため

演習の内容

 演習の進め方も含めて、学生の発意を求める。自分で問題を発見し、考える習慣をつける。ミクロ経済学、マクロ経済学、時事英語、統計学など、基礎的な訓練を重視する。