Professors' Column
教員コラム

36.佐藤成紀(経営学科): 掛け算九九の九の段

経営学科教授 佐藤 成紀

 昨年の秋,小学2年の息子が学校で面白いことを習ったと喜んで帰ってきた.「掛け算九九の九の段は覚えなくてもいいんだよ」と両手を広げてニコニコしている.両手のひらを自分に向けて,左手の親指から順番に,一本ずつ指を折っていき,折った指の左の指の本数が十の位,折った指の右の指の本数が一の位を表すので,暗記しなくてよいと言うのである.左の親指を折ると,その左には指がないので,十の位はゼロ,右側には九本あるので,九一が九.左手の人差し指を折ると,左に親指一本と右に八本なので,九二十八.最後に右手の人差し指を折ると,左に八本と右に一本なので,九九八十一.
 得意の笑みでしたり顔の息子に,「なぜそうなるか,説明して」というと,「えーっと」と考え始めた.とりあえず,でたらめなロジックで,いろいろ話し始めたが,十分ほどで,なんとか説明のつきそうな答えに近づいてきた.「先生は理由を教えてくれないの」と聞くと,「魔法だよ,と言ってニコニコしてた」とのこと.それはそれで微笑ましいことでよいと思ったが,ハタと日々接している大学生のことが頭に浮かんだ.彼ら彼女らは,小学2年生が「目からウロコ」状態に納得できるように即座に説明できるだろうか.これを読んだ学生諸君が「ばかにしないで下さい!」と奮起してくれれば,このコラムは成功.3分程度で,聞き手が納得できるように,簡潔明瞭に説明してみて下さい.
 経済学や経営学の難しい理論も重要だが,簡単なことを,わかり易く,説得力を持たせて説明するという,プレゼンテーションの基本も是非,大切にしてもらいたいと思う.そして,もちろん,私自身も日々の講義や演習で,きちんとしたロジックで説明できているかどうかを,絶えず自らを省みながら精進していきたいと思っている.