Hong Jieqing
洪 潔清 准教授

プロフィール

学位修士(人文科学)

最終学歴お茶の水女子大学大学院人間文化研究科比較文化学専攻 博士課程単位取得満期退学

専門分野中国語教育 

主要研究テーマ

  • 中国語教育における誤用分析
  • ICTを活用する中国語教育
主要担当科目

中国語、ゼミナール

所属学会・役職

日本中国語学会、中国語教育学会、日本比較文化学会

主要な研究業績
  • 学術論文 単著
    中国語副詞“一定”の習得に関する一考察(上)――日本語母語話者を対象として
    『比較文化研究』135号、pp.115-127、2019.4 日本比較文化学会
  • 学術論文 単著
    出会いの場面における中国語あいさつ言葉の慣用について―中国語話者の使用実態と日本語話者の習得状況
    『カルチュール』第12巻第1号pp.39-54、2018.3 明治学院大学教養教育センター
  • 学術論文 単著
    日本人学習者のVO式離合動詞の習得に関する一考察
    『カルチュール』第11巻第1号、pp.9-20、2017.3 明治学院大学教養教育センター
  • 著書 単著
    疑問解決の参考書『どうしてそうなる?中国語』白帝社、2009年
  • 著書 単著
    中国語検定2級『一ヶ月でできる総仕上げ』白帝社、2007年
ゼミナール紹介
演習のテーマ

経済成長に伴う中国の経済・社会・文化事象の変化を考える

演習の内容

 この演習では、主に2000年以降中国の経済発展に伴う中国の経済・社会・文化事象の変化、またはそれによる人々の意識の変化について考えていきたいです。
 2000年以降生まれの皆さんは大学生に成長したこの20年間、中国で起きた変化をどれぐらい知っていますか。2000年にまだ世界6位であった中国のGDPが10年後には日本を追い越して2位となり、2021年現在は世界1位のアメリカとの差もさらに縮めています。中国はいつか世界1位のGDPを持つ経済大国に成長していくだろうと見られます。これほど大きな変化が起きた隣国の中国について、皆さんは身近にどのように感じているのでしょうか。まだ漠然としたイメージしか持っていない人もいるかもしれません。そこで、演習A1とA2ではまず最新の中国事情を知り、中国に対する理解を深めていきます。下記から皆さんの関心のあるテーマを選出して考えていきます。

  1. インフラ整備に伴う高速鉄道や地下鉄などの建設ラッシュ
  2. インターネットサービスによる新たなビジネス
  3. キャッシュレス普及の光と影
  4. 爆買いの背後に潜んでいる物価の高騰
  5. 少子化が進む中の教育への投資意識
  6. 出稼ぎ労働者の実態から見る貧富の差
  7. 国民的SNSアプリ「Wachat」の力
  8. SNS型ECの拡大実態

 進め方として春学期では、まず教員が提供する文献を読んで理解しておきます。次は自分でそれに関連する資料を調べて発表します。最後に授業で身につけた知識と自分で調べた内容についてグループディスカッションを行います。状況によって、オンライン形式で中国の大学生との共同ディスカッションも検討します。期末にグループごとにプレゼンテーションを行います。秋学期では、一人ずつ関心のあるテーマ(上記以外の内容も含む)を決めて、文献調査、資料収集、グループディスカッションとプレゼンテーションによって進めます。期末にレポートを提出する必要があります。3年次に選出する発表テーマは4年次の卒業論文のテーマに繋げていくことを意識して考えてほしいです。また日本と比較する視点からテーマを選出したほうがよいです。
 なお、中国圏の経済や社会事情に関する知識の中、中国語の専門用語が出てくることがあるので、中国語を履修した学生または中国に関心を持つ学生の参加が望ましいです。

学生によるゼミナール紹介