Kazunobu Muro
室 和伸 教授

プロフィール

学位経済学博士(神戸大学)

最終学歴神戸大学大学院経済学研究科博士課程後期課程単位取得

専門分野マクロ経済学

主要研究テーマ財市場・労働市場・信用市場の不完全性が、経済成長・所得分配・景気循環に及ぼす影響

主要担当科目

初級マクロ経済学、中級マクロ経済学、ゼミナール

所属学会・役職

日本経済学会、日本応用経済学会、American Economic Association

主要な研究業績
  • 学術論文 単著
    Kazunobu Muro, “Structural Change and Constant Growth Path in a Three-Sector Growth Model with Three Factors “, Macroeconomic Dynamics, Vol 21(2),406-438,2017, (Cambridge University Press)
  • 学術論文 単著
    Kazunobu Muro, “A Note on the Three-Sector Cobb-Douglas GDP Function “, Economic Modelling, Vol 31, 19-21, 2013, (Elsevier).
  • 学術論文 単著
    Kazunobu Muro, “Optimal Labor Income Taxation in a Two-Sector Dynamic General Equilibrium Mode “, International Review of Economics,Vol 61(1), 21-48, 2013, (Springer)
  • 学術論文 共著
    Atsushi Miyake, Kazunobu Muro, Tamotsu Nakamura, Masaya Yasuoka,  “Between- and Within-Group Wage Inequalities, and the Advent of New Technology”, Journal of Economic Inequality, Vol 7(4), 387-394, 2009, (Springer).
  • 学術論文 単著
    Kazunobu Muro, “Individual Preferences and the Effect of Uncertainty on Irreversible Investment”, Research in Economics, Vol 61(3), 191-207, 2007, (Elsevier)
ゼミナール紹介
演習のテーマ

マクロ経済学

演習の内容

 マクロ経済学は、国内総生産(GDP)、物価、失業率の動向を把握し、一国経済全体を定性的・定量的に分析する。経済の仕組みや法則性がわかれば、経済予測や資産運用などにおいて、私達が生活していく上で役に立つ。さらに資本主義経済を深く理解することにつながる。

 マクロ経済学の重要分野である経済成長について考察し、経済発展の謎を解き明かそう。長い歴史を振り返ると、経済成長とは1880年頃から1973年までの約100年間で起こった特別な現象だったのだろうか?それとも今後も持続的な成長が可能なのだろうか? 豊かな暮らしをしている国と、貧しいままの生活をしている国があるのはなぜか? 経済成長のために不可欠な要因は何かについて考えてみよう。
 
 経済成長と所得格差の関係も重要である。横軸に1人当たり所得をとり、縦軸に所得不平等をとる。農業から製造業へのシフトが進行し、所得の拡大は不平等を拡大させるが、その後、不平等は是正されるという、クズネッツの逆U字曲線仮説がある。この仮説の是非を議論し、独自の仮説を立ててみよう。

 ゼミではマクロ経済学に関する文献を輪読する。あらかじめ該当箇所を割り当てておき、学生がプレゼンテーションをする。課外活動やゼミ合宿にも積極的に参加すること。ゼミはともに学び合いの場であり、教育を通じた人間形成の場としたい。

学生によるゼミナール紹介