Toshihiro Atsumi
渥美 利弘

プロフィール

学位Ph.D.

最終学歴ノッティンガム大学経済学部博士課程

専門分野国際貿易

主要研究テーマ国際貿易と産業立地、企業と国際貿易、自動車貿易など

私の関心分野や最近の研究について、詳しくはこちらを参照してください。
明治学院大学 研究者情報

主要担当科目

貿易入門、貿易論1・2、国際経済学1・2、ゼミナール

所属学会・役職

日本国際経済学会、日本経済学会

主要な研究業績
  • ” Agglomeration under money illusion” , Economics Bulletin, Vol.37, Issue4, 2017.
  • ” Immigration with imperfect competition: a comment” , Economics Bulletin, Vol.32, Issue3, 2012.
  • ” The effects of the unequal treaties on normative, economic and institutional changes in 19th century Japan” , GEP Research Paper 2011/19 with Daniel M. Bernhofen.
  • ” Silk, regional rivalry, and the impact of the port openings in nineteenth century Japan” , Journal of the Japanese and International Economies, Vol.24, No.4, 2010.
  • ” Trade liberalization and the modern metropolis” , GEP Research Paper 2010/02.
ゼミナール紹介
演習のテーマ

国際貿易

演習の内容

毎回各自の研究テーマに関連した発表をしてもらい、それをもとに全員で議論します。(3年春学期は共通の教材で国際貿易について学びます。3年秋以降は各自国際貿易に関する卒業研究をします。)選んだテーマに最後まで取り組むことで、一つのことを深く考え、それを他の人に説明し、きちんとした文章にするという経験をゼミで積んでいただきたいと考えます。

私の関心分野や最近の研究について、詳しくは下記を参照してください。
明治学院大学 研究者情報

学生によるゼミナール紹介