明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

資格取得試験合格者からのメッセージ 早川恵未

早川恵未 (2007年度生 / 公認会計士試験合格)

2010年 公認会計士試験合格

私は高校生の頃から、公認会計士の資格を取ることを決めていましたが、すぐに公認会計士試験の勉強を始めるのは難しいと思い、「資格取得支援講座」にて簿記の勉強をすることにしました。1年生の時は授業も沢山入っているので、専門学校に通うのは大変ですが、「資格取得支援講座」であれば週一回の講座のため、サークルなどの時間も十分に確保することが出来ました。私は4月から11月までこの講座を受講し、2回の試験で簿記2級まで取得しました。その後、専門学校にて公認会計士試験の勉強を始めましたが、簿記2級までしっかり会計処理を学んでいたため、会計学の理解が非常に早く、会計学が得意科目となっていました。

2年生の時は3,4年の授業数を減らすため、出来る限りの授業に出て、空き時間に大学で勉強をしていました。そのため3年からは会計士試験に集中出来る環境を確保することが出来ました。会計士試験は7科目と非常に科目数が多い為、勉強時間の配分が重要になります。会計士試験では、苦手科目をつくってはダメと良く言われますが、本当にそうだと思います。得意科目は実力をキープできる範囲で抑え、苦手科目に時間を割く事が合格の近道です。

公認会計士試験の勉強は、範囲が広くかつ期間が長いため、非常に大変ですが、合格通知を見た時に、報われない努力は無いのだと感じました。公認会計士や税理士に興味のある方は、是非「資格取得支援講座」で簿記に触れてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ