Yumi Nishiyama
西山 由美 教授

プロフィール

学位法学修士

最終学歴慶應義塾大学大学院法学研究科

専門分野租税法

主要研究テーマ消費税 付加価値税 中小企業税制

主な社会的活動山梨県地方税制等検討会委員

主要担当科目

ビジネスのための税法、演習

所属学会・役職

日本税法学会(理事長代行)、租税法学会(理事)、International Fiscal Association (日本支部理事)、Deutsch-Japanische Juristenvereinigung

主要な研究業績
  • 学術論文・単著 
    「信託と消費税」渋谷雅弘ほか編『公法・会計の制度と理論』(中央経済社、2022)
  • 学術論文・単著 
    「ドイツ売上税法100年の足跡」税法学586号(2021)
  • 学術論文・単著 
    「EU域内のインボイスの課題」税研37巻4号(2021)
  • 学術論文・単著 
    「越境取引と消費税」租税法研究49号(2020)
  • 学術論文・共著  
    Green Taxes in Japan, in: Quality of Life: Legal and Tax Systems to Implement SDGS in Japan and the Netherland (2019)
ゼミナール紹介
演習のテーマ

「税のエキスパートをめざす」

演習の内容

 ビジネスに深くかかわる税(所得税・法人税・消費税・事業承継にかかる相続税)の仕組みを理解したうえで,ビジネス戦略を練ったり,問題点に対する解決策を考えたりします。税理士,国税専門官にとどまらず,民間企業の税セクションでも活躍できる「税のエキスパート」をめざしてください。

【ゼミの進め方】
 春休み中に予備ゼミを実施し,図書館スタッフによるサポート授業により,必要な資料や情報を収集するスキルを習得します。
 春学期は,各人が興味をもつ税に関するトピック(たとえば,環境税、酒税、消費税など)についてプレゼンテーションを行い,全員で議論し,レポートにまとめます。
 夏休み中のゼミ合宿(1泊2日)では,秋学期の統一テーマ(グローバルビジネスとローカルビジネスと税)の予習をします。
 秋学期は,「グローバルビジネスとローカルビジネスと税」について,各人がトピックを選び,プレゼンテーションを行い,全員で議論し,レポートにまとめます。

【注意事項】

  1. ゼミの内容は,税法の基礎知識を必要としますので,「ビジネスのための税法1」(春学期)および「ビジネスのための税法2」(秋学期)をできるだけ履修してください。
  2. ゼミの運営には全員がかかわるよう,「一人一役」で業務を分担します。
  3. ゼミは、3年生と4年生の合同ゼミです。
学生によるゼミナール紹介