明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

森田 正隆

noimage.png 森田 正隆 教授

プロフィール

学位:博士 (経営学) 、修士 (経営学)

最終学歴:慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程単位取得終了

専門分野:経営学

主要研究テーマ:経営情報システム、マーケティング情報システム、コミュニケーション

ゼミナールのHP:Morita Lab.

主要担当科目

市場システム、マーケティング・コミュニケーション、ゼミナール

所属学会・役職

経営情報学会、組織学会

主要な研究業績

学術論文 単著
「サイバー流通プラットフォームの役割と機能」『マーケティングジャーナル』Vol. 31 No. 1 日本マーケティング協会 2011.6
学術論文 単著
「コミュニケーション・インターフェースに注目した取引構造の分析 ――情報化が日本の中古車売買取引に与えた影響――」『組織科学』Vol. 41 No. 1 2007.9.
学術論文 共同執筆
"Consumer attitudes and automotive transactions: the difference between new-car and used-car markets in Japan," International Journal of Automobile Technology and Management, Vol.6, No.1, 2006.3
著書 共著
「取引のプラットフォーム:中古車TVオークションによる取引活性化」國領二郎+プラットフォームデザイン・ラボ編著『創発経営のプラットフォーム』日本経済新聞社 2011.10
著書 共著
「SNSを活用したマーケティング・コミュニケーション:資生堂アクアレーベル」池尾恭一・青木幸弘編『日本型マーケティングの新展開』有斐閣 2010.9

ゼミナール紹介

演習のテーマ

情報技術とマーケティング戦略

演習の内容

 本ゼミナールは、「情報技術とマーケティング戦略」の関係について考察し理解を深めていくことによって、これからの情報社会を自分の目で分析し行動していけるだけの知的能力と価値観を養うことを目的としています。
 輸送や通信の分野における技術革新は、社会体制はもちろん、生産と消費の両面に対しても創造的破壊をもたらし、次代の扉を聞く強力なパワーを秘めています。そこで、本ゼミナールでは、情報技術とマーケティングの関係について、過去の歴史や理論から学ぶとともに、現在世の中で起こっているさまざまな経済事象や経営問題を取り上げ、それらを理論的かつ経験的に考察し分析するという作業を繰り返しおこなっていきます。
 本ゼミナールに参加する学生は、情報技術およびマーケティングの両面に関して旺盛な好奇心と探究心を持つことが求められます。3年次には、ケースディスカッション、ロールプレーイング、ショートスピーチなどの体験型・参加型の授業を数多くおこないます。また、並行してグループ研究などの自主活動を課し、年末には研究成果発表会をおこないます。そして、4年次には、3年次に培った基礎と研究成果に立脚して、卒論作成をおこないます。なお、3年次には、正規の授業時間にさらに1コマ加えて、毎週2コマの連続授業をおこないます。自主的なグループ研究活動も含めてゼミのために割いていただく時間がかなり多くなります。それらのことを納得できる方のみご応募ください。

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ