Yoko Sakamoto
坂本 陽子 専任講師

プロフィール

学位Ph.D. (Economics)

最終学歴米国ウィスコンシン大学マディソン校大学院

専門分野国際貿易論、空間経済学

主要研究テーマ

  • 知的財産権保護と多国籍企業の経済活動の関連
  • イノベーション立地の経済分析

ゼミナールのHP明治学院大学 坂本ゼミ

主要担当科目

公共経済学、マクロ経済入門、入門計量経済学、ゼミナール

所属学会・役職

日本経済学会、日本国際経済学会

主要な研究業績
  • “Essays on International and Spatial Economics” (Doctoral dissertation, University of Wisconsin-Madison, USA.)
  • “Self-Enforcing International Environmental Agreements among Asymmetric Countries and Welfare,” The International Economy, November 2017, vol. 20, pp.71-89.
ゼミナール紹介
演習のテーマ

国際経済学、空間経済学

演習の内容

本ゼミ
 本ゼミは、火曜日の3限に3、4年生合同で行います。主に洋書(未定)の輪読を行います。2022年度は、Richard Baldwin著“The Great Convergence”を読んでいます。

サブゼミ
 サブゼミは主に3年生を対象として、火曜4限に行います。サブゼミには各自ノートパソコンを持参してもらい、まずはStataというソフトウェアを使ってデータ分析の方法を勉強します。Stataの使い方について一通り学んだ後は、班に分かれてグループワークをしてもらいます。グループワークの成果は、11月の合同ゼミで発表してもらうほか、12月にグループ論文として提出してもらいます。

卒業論文
 4年生は、本ゼミの活動と並行して卒業論文を執筆します。卒論では、原則として3年次で学んだStataを用いてデータ分析を行います。卒論のテーマは、空間経済学に関連しているもの(例えば、「国際貿易」「地域経済」「産業立地」「都市形成」や「不動産」「交通」「観光」など)を想定してしますが、担当教員が指導可能なものであれば個々の学生の興味に従って自由に設定できます。卒論はサブゼミ(火曜4限)の時間で取り組むものとし、進捗についての面談などもこの時間に行います。

その他
 ゼミは学生が主体となって運営していくものですので、どのようなゼミになるかはゼミ生一人一人の姿勢にかかっています。ゼミ活動はある程度の時間的拘束を伴うということを理解した上で、それを厭わず積極的にゼミ運営に参加する意志のある学生を5期生として募集します。

学生によるゼミナール紹介