Akiko Fujita
藤田 晶子 教授

プロフィール

学位経営学修士

最終学歴神戸商科大学大学院経営学研究科博士課程単位取得退学

専門分野財務会計

主要研究テーマ無形資産会計、フランス会計

主要担当科目

会計史、簿記、連結会計、ゼミナール

所属学会・役職

国際会計研究学会、会計史学会、日本会計研究学会

主要な研究業績
  • 著書 単著
    『無形資産会計のフレームワーク』中央経済社(2012年)
  • 学術論文 単著
    「無形資産会計の現状と課題」『ディスクロージャー&IR』(2020年)
  • 学術論文 単著
    「フランスにおける会計基準のコンバージェンス」『ディスクロージャー&IR』(2018年)
  • 学術論文 単著
    「無形資産の公正価値測定」『国際会計研究学会会報』(2017年)
  • 学術論文 共著
    “Le Japon face aux normes internationales” Revue Francais de Comptabilite(2015年)
ゼミナール紹介
演習のテーマ

企業が公表する財務情報・非財務情報とその分析

演習の内容

企業の財務報告にかかる国際的な開示制度や会計基準をしっかりと理解し、それをどのように分析に活用していくのかを調査研究する。

具体的には、次の内容を考えている。

  1. 国際的な開示制度とそのもとでの財務報告 ~情報と株価の関係
  2. 会計基準の役割と国際比較 ~J-GAAPとIFRSの差異
  3. 財務報告と企業分析 ~海外企業との収益性比較
  4. M&A の分析 ~のれんの額とM&Aの成否
  5. 研究開発活動とその分析 ~研究開発と将来利益との関係
  6. ブランドとその分析 ~ブランド力と企業業績の関係
  7. 環境報告書とその分析 ~環境対策と利益の関係
  8. 統合報告書の役割とその分析 ~非財務情報と企業価値との関係
  9. その他
学生によるゼミナール紹介