明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

宋 立水

宋 立水 教授 宋 立水 教授

プロフィール

学位:経済学博士

最終学歴:立命館大学大学院経済研究科博士後期課程

専門分野:アジア経済論、国際経済論、開発経済論

主要研究テーマ:戦後台湾経済開発過程における意志決定過程に関する研究、中国経済開発政策に関する研究(「西部開発の政策変遷」-進行中)、東アジア地域工業化の政治経済学研究

主な社会的活動:
北京日本科学文化研究センター副理事
岡松国際文化交流基金常任理事

ゼミナールのHP:宋ゼミOnline

主要担当科目

アジア経済論、世界経済論、日本の経済、ゼミナール

所属学会・役職

アジア地域研究会、新世界経済研究会、中国現代史研究会、東アジア地域研究会、アジア政経学会

主要な研究業績

学術論文 単著
「東アジア通貨・金融危機の特徴、要因とその示唆」『経済研究』(明治学院大学)第112号, 1998.7
学術論文 単著
「中国とASEAN の経済関係の現状と今後の展望」『日中経済ジャーナル』No.62 財団法人日中経済協会 1999.1
著書 単著
『アジアNIESの工業化過程-資本と技術形成』日本経済評論社 1999.1
学術論文 単著
「戦後台湾経済の形態移行と構造調整」『経済研究』(明治学院大学)第116号, 1999.12
著書 共著
『東アジア経済と日本』(第四章担当)ミネルヴァ書房 2000.11

ゼミナール紹介

演習のテーマ

開発経済学の理論・政策及び東アジア地域の経済に関する研究

演習の内容

 経済発展は世界各国の共通課題である。本ゼミでは、特に東アジア地域の経済発展の問題を取り上げ、経済的・技術的・社会(文化)的・政治(制度)的な状況について、そして地域の経済発展のための諸条件及びその開発政策について、文献による考察を行い、また統計データに基づいて、研究分析を行う。
 三年次ゼミでは、主にかかる経済発展理論と開発経済理論、実証方法を学習する。四年次ゼミでは、学生が勉強した理論と実証方法によって、自由に設定した研究テーマの卒論の資料準備と論文作成を行う。ゼミ学習の形式は、学生諸君を主体とする個人予習─グループ学習─グループ発表─全体討論という形式となる。
 経済発展、特に東アジアのような遅れた国・地域の経済発展(開発)問題を考察するには、理論と政策(理論の応用)知識が必要なので、総合的な経済学理論への理解、そして、分析方法としての社会経済統計学の基礎知識の習得が望ましい。経済発展は、経済成長の諸問題だけではなく、社会、政治、文化、技術、歴史、環境等の諸側面の問題にもかかわっていることで、演習を通して、学際横断した総合的学習力と思考力の養成を目指したい。
 ゼミ学習効果を高めるには、読書と思考と討論は欠かせない三要件であり、特にゼミでの討論がなければ、ゼミとして成り立たないと言い切ることができる。したがって、積極的に自分の見解・考えを発表し、討論に参加する意欲のある学生を歓迎します。

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ