明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

中野 聡子

noimage.png 中野 聡子 教授

プロフィール

学位:経済学博士

最終学歴:慶応義塾大学大学院博士課程 (経済学研究科) 修了

専門分野:経済学説史、経済思想史

主要研究テーマ:交換理論の展開、自生的秩序の思想史、経済学の知識と政策形成の関係

主要担当科目

経済学史、経済思想史、ゼミナール

所属学会・役職

日本経済学会、経済学史学会、History of Economics Society

主要な研究業績

学術論文 単著
" Jevons's market view through the dynamic trajectories of bilateral exchanges : a radical vision without the demand function " in History of Economic Theory, Routledge Studies in the History of Economics, 2009
学術論文 単著
" Mandeville's market seen through the 18th century coffee-house culture " , 産業経済研究所 discussion paper, 10-01 (Presented at ESHET annual conference 2010)
学術論文 単著
「Jevons の物価変動の実証研究の方法的位置づけ」明治学院産業経済研究所 研究所年報26号, 2009
学術論文 単著
「W.ソーントンによる不均衡アプローチのイギリス限界革命に対する含意」『経済研究』明治学院大学、第135号, 2006
著書 単著
" Mandeville's atomism under the skeptical tradition in British Empiricism: A probabilistic view for market interactions " 産業経済研究所 working paper, 05-02, 2005

ゼミナール紹介

演習のテーマ

経済学史・経済思想史

演習の内容

 演習の内容は、経済学史・思想史に関連するもので、現代にいたるまでの経済学の基本的な考え方を習得することを目的としています。経済理論や思想の歴史を扱いながら、現代の経済学の理解を深めることをねらいとしています。
 経済学史は、ミクロ・マクロの経済理論、経済政策の考え方を理解するために、経済学の理論や考え方が登場してきた背景を参照します。つまり、「どんな問題や思想背景が、その時代や思想家をとりまいていたか?」を探ります。さらに、現代の経済学の問題点や可能性を見出すために、さまざまな学説の限界、可能性を検討します。したがって、経済学という学問を多様な観点から総合的にみることができます。たとえば、アダム・スミスを通じて、現代の経済自由主義の意義を考察し、F. ナイト、J. M. ケインズ、R. コースを通じて、不確実性の問題や企業経済についての考え方を検討していきます。
 来年度は、春学期中に経済学の歴史を概観し、夏休みから後期にかけては、特定のテーマを研究します。アダム・スミスの経済自由主義をベースに、株式会社制度、分業組織、特許や著作権に関わる市場制度についての理論史、思想史を扱います。

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ