Hiroyuki Nishihara
西原 博之 教授

プロフィール

学位MBA (商学修士)

最終学歴慶應義塾大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学

専門分野国際経営

主要研究テーマ華人経済圏における企業経営、異文化経営、海外進出日系企業の人的資源管理

主要担当科目

国際経営論、各国経営史論、海外インターンシップ、海外フィールドスタディ(台湾)、ゼミナール

所属学会・役職

国際ビジネス研究学会、トランスナショナルHRM研究所、異文化経営学会

主要な研究業績
  • 学術論文 単著
    「モスバーガーの海外事業の展開の沿革と今後の展望についての研究
    ― モスフードサービス海外事業本部役員及び海外派遣マネジャーへのインタビューを中心に -」『研究所年報』(明治学院大学)第37号、2020年12月。
  • 学術論文 共著
    「台湾進出日系企業における経営の現地化と経営成果に与える影響の実証研究」『経済研究』(明治学院大学経済学会)160号、2020年7月。
  • 学術論文 単著
    「モスバーガーの海外事業展開と台湾人経営パートナーの役割の事例研究 -台湾モスバーガー・現地経営パートナー、黄茂雄インタビューによる考察-」、『研究所年報』(明治学院大学)第34号、2018年1月。
  • 学術論文 単著
    「ヤマト運輸台湾子会社、統一速達公司の事例研究 - 台湾での成功要因とそのビジネスモデルの海外展開への示唆」、『研究所年報』(明治学院大学)第31号、2014年12月。
  • 学術論文 単著
    The Case Study of a Japan-Taiwan Joint Venture Company, The Taiwan Rolling Stock Co.: Organization, HRM and Technology Transfer,Vol 5, No 1 (2014): Online Journal of International Case Analysis.
ゼミナール紹介
演習のテーマ

国際経営論、異文化マネジメント、中国、台湾などの華人経済圏における企業の経営管理

演習の内容

 同演習の研究対象は、「国際経営」、「異文化マネジメント」、「企業の海外進出」「組織の国際化」、「グローバル人 材育成」、「訪日観光関連ビジネス」など、いわゆる企業の国際経営活動の「アウト」と「イン」に関して理解を深めることである。

 卒業論文のテーマについては以上の関連であれば受け入れ可能である。ただし、担当教員の研究内容や主たる調査対象地域が、中国、台湾などの華人経済圏における企業のマネジメントであることから、演習では関連の指摘、質疑応答が多くなると想定される。

 演習の目的は、国際経営に係わる知識を身につけて理解を深めることである。したがって、演習を通して以下の能力を養う。
 1)情報機器を用いたプレゼンテーション方法の学習
 2)共同作業を通してレジュメの作成、報告を行うなど、プロジェクト管理能力の育成
 3)ケース・スタディや実証研究を通して理論的な考察や分析能力の向上
 4)卒業論文の作成により、4年間、大学で学んできたことの集大成を行う。
 
 演習では、以下の通りに進めていく。
 第1に、国際経営に関する基本的な文献を輪読する。その際、少人数のグループごとにレジュメを作成して国際経営に関する基礎知識を養う。
 第2に、国際経営に関する事例などを用いて討論を行う。その際、各グループが事前に課題を準備する。演習時間は、担当班が、プレゼンテーションを行った後、グループ間の質疑応答という形式で演習を進めていく。なお、事例に関連して、実証研究の方法論などについても触れていく。
 第3に、卒業論文の執筆方法についての確認を行う。同時に、卒業論文のテーマの設定、フレームワークの作成、関連文献の収集及びまとめなどにより、設定した研究課題がふさわしいか、卒業論文にまとめられるかについて検証する。

 卒業論文作成までの具体的な演習活動は以下の通りである。
 1)個々の研究テーマの設定(3年次の学期末に提出)
 2)卒業論文タイトル及び研究計画について紹介(4年次、春学期)
 (報告、計画書の提出がなかった場合、秋学期の履修を許可しないことがある)
 3)中間報告(報告がなかった場合、卒論提出を許可しないことがある)
 4)調査研究の概要に関するプレゼンテーション(卒論発表会など)
 5)担当教員の許可を得た上で卒業論文を提出(年末までに原稿提出)
 
 以上

学生によるゼミナール紹介