Hiroyuki Nishihara
西原 博之

プロフィール

学位MBA (商学修士)

最終学歴慶應義塾大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学

専門分野国際経営

主要研究テーマ華人経済圏における企業経営、異文化経営、海外進出日系企業の人的資源管理

主要担当科目

国際経営論、各国経営史論、海外インターンシップ、海外フィールドスタディ(台湾)、ゼミナール

所属学会・役職

国際ビジネス研究学会、日本労使関係研究協会 (JIRRA)、トランスナショナルHRM研究所、異文化経営学会

主要な研究業績
  • 学術論文 単著
    「台湾進出日系合弁企業の経営成果に影響を与える経営要因の実証研究 ―2007年に実施した調査結果の分析を中心として―」、『研究所年報』(明治学院大学)第35号、2018年12月。
  • 学術論文 単著
    「モスバーガーの海外事業展開と台湾人経営パートナーの役割の事例研究 -台湾モスバーガー・現地経営パートナー、黄茂雄インタビューによる考察-」、『研究所年報』(明治学院大学)第34号、2018年1月。
  • 学術論文 単著
    「ヤマト運輸台湾子会社、統一速達公司の事例研究 - 台湾での成功要因とそのビジネスモデルの海外展開への示唆」、『研究所年報』(明治学院大学)第31号、2014年12月。
  • 学術論文 単著
    The Case Study of a Japan-Taiwan Joint Venture Company, The Taiwan Rolling Stock Co.: Organization, HRM and Technology Transfer,Vol 5, No 1 (2014): Online Journal of International Case Analysis.
  • 学術論文 単著
    「台湾の工業団地進出日本企業の概観と日系専用パーク設立の一考察 ― 台南・TJパーク(台日産業創新園区)の試みを事例として -」、『研究所年報』(明治学院大学)第30号、2013年12月。
ゼミナール紹介
演習のテーマ

国際経営論、異文化マネジメント、中国、台湾などの華人経済圏における企業の経営

演習の内容

 同演習の研究対象は、「国際経営」、「異文化マネジメント」、あるいは、「グローバル人材育成」、「企業の海外進出」「組織の国際化」などに関する研究である。

 演習の目的は、国際経営に係わる知識を身につけて理解を深めることであるが、演習を通して以下の能力を養う。
1)情報機器を用いたプレゼンテーション方法の学習
2)共同作業を通して報告書作成、報告するなど、共同プロジェクトを管理する能力育成
3)ケース・スタディや実証研究を通して理論的な考察や分析能力の向上
4)卒業論文の作成により、4年間、大学で学んできたことの集大成を行う。

 したがって、演習では、以下の通りに進めていく。
 第1に、国際経営に関する基本的な文献を輪読する。その際、少人数のグループごとにレジュメを作成してプレゼンテーションを行い、国際経営に関する基礎知識を養う。

 第2に、国際経営に関する事例などを用いて討論を行う。その際、各グループが事前に課題を準備し、演習時間はグループ間の質疑応答という形式で演習を進めていく。なお、事例に関連して、実証研究の方法論などについても触れていく。

 第3に、卒業論文の執筆方法についての確認を行うと同時に、卒業論文のテーマの設定、枠組づくり、関連文献の収集及びまとめなどにより研究課題を検証していく。

 卒業論文作成までの具体的な演習活動は、1)個々の研究テーマの設定、1)タイトル及び研究計画の報告、2)中間報告、3)調査研究の概要に関するプレゼンテーションを行い、担当教員の許可を得た上で卒業論文を提出することになる。

学生によるゼミナール紹介