明治学院大学のウェブサイトへ
交通アクセス
キャンパス案内
資料請求
お問い合わせ

松園 保則

noimage.png 松園 保則 准教授

プロフィール

学位:MA in English Language Teaching

最終学歴:英国ウォーリック大学大学院修士課程修了

専門分野:English Language Teaching, Genre Analysis, Discourse Analysis, Testing and Assessment (TOEFL/IELTS)

主要研究テーマ:To what extent do genre-based teaching approaches contribute to student performance on English proficiency tests, such as TOEFL and IELTS?

主要担当科目

English for Business Communication, Preparation for Study Abroad, 英語コミュニケーション、演習

所属学会・役職

JALT (Japan Association for Language Teachers)

主要な研究業績

学術論文 単著 (2014年)
Matsuzono,Y.(2014). "TOEFL iBT Essays by Students at Different Levels." Proceedings of PAC@9th FEELTA International Conference on Language Teaching. Vladivostok, pp.131-134
著書 共著 (2014年 7月)
『超基礎からのTOEFLテスト入門』 旺文社
著書 共著 (2014年 11月)
『スコア80突破ゼミ TOEFL iBTテスト アウトプット強化編』 アルク
著書 単著 (2017年 3月)
『かなり詳しく学べるTOEFL iBTテスト スピーキング・ライティング演習編』 河合出版
著書 共著 (2017年 7月)
『TOEFLテスト ボキャブラリー+例文 3900』 ジャパンタイムズ

ゼミナール紹介

演習のテーマ

Public Speaking

演習の内容

 This seminar course focuses on public speaking of all kinds.
 In the first semester, students learn about the basic principles of public speaking and explore possible ways to engage as a great speaker in public. In the second semester, students examine case studies regarding public speaking in order to further explore great ways to engage as a confident and professional speaker in public.
 During these semesters, students develop oral communication skills through group discussion and public speaking. In addition, in preparation for writing a thesis in English in their final year, students write multiple-draft essays that have these supported by logical arguments and incorporate information from texts.

学生によるゼミナール紹介

TOP
受験生の皆様へ
在校生の皆様へ
保護者の皆様へ